« 立体図形の切り口 第65問 (駒場東邦中学 入試問題 2017年(平成29年度) 算数) | トップページ | 規則性の問題 数の並び 第82問 (学習院中等科 入試問題 2016年(平成28年度) 算数) »

2017年4月21日 (金)

文章題 第101問 (青山学院中等部 受験問題 2016年(平成28年度) 算数)

問題  (青山学院中等部 受験問題 2016年 算数)
      難易度★
 
ある年の日本で生産された小麦の量は 87万 t でした。
小麦の重さの84%が小麦粉になります。パン1個を作るのに
小麦粉を250g 使うとすると、この年日本で生産された小麦を
使ってできるパンの個数は、何億個になりますか。答えは
上から 2ケタの概数で表しなさい。
----------------------------------------------
----------------------------------------------
解答
 
小麦粉は、
 
 87万 t×0.84=73.08万 t です。
 
答えが 2ケタの概数でよいので、73.08万 t → 73万 t として
計算します。
 
パン1個を作るのに、小麦粉は、0.25kg 必要なので、
73万 t = 73000万 kg なので、できるパンの個数は、
 
  73000万÷0.25=292000万個 ≒ 29億個
 
と求められます。
 
 
 青山学院中等部の他の問題は → こちら
 

|

« 立体図形の切り口 第65問 (駒場東邦中学 入試問題 2017年(平成29年度) 算数) | トップページ | 規則性の問題 数の並び 第82問 (学習院中等科 入試問題 2016年(平成28年度) 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219713/70312371

この記事へのトラックバック一覧です: 文章題 第101問 (青山学院中等部 受験問題 2016年(平成28年度) 算数):

« 立体図形の切り口 第65問 (駒場東邦中学 入試問題 2017年(平成29年度) 算数) | トップページ | 規則性の問題 数の並び 第82問 (学習院中等科 入試問題 2016年(平成28年度) 算数) »