« 魔方陣 第15問 (筑波大学附属中学 入試問題 2014年(平成26年度) 算数) | トップページ | 文章題 第96問 仕事算 (聖光学院中学 受験問題 2014年(平成26年度) 算数) »

2014年12月 5日 (金)

立体図形の展開図 第53問 (渋谷教育学園渋谷中学 受験問題 2014年(平成26年度) 算数)

 

問題 (渋谷教育学園渋谷中学 受験問題 2014年 算数)

     難易度★★★★★

 

辺の長さが等しい正方形と正三角形があります。

この正方形6個と正三角形8個を組み合わせて、

下の図1のような展開図になる図2のような立体を

作りました。

     Pic_4110q

Pic_4111q

このとき、次の問に答えなさい。

 

(1)この立体の辺の数を答えなさい。

(2)この立体を正方形ABCDの真上から見たときの図を

   描きなさい。

(3)この展開図から立体を作ったとき、図1の展開図で

   点P と重なる点すべてに○印をつけなさい。

(4)正方形1個の面積が18c㎡ のとき、この立体の

   体積を求めなさい。

----------------------------------------------

----------------------------------------------

解答

 (1)正方形は6個あるので、正方形の辺の数は、4×6=24本、

正三角形は8個あるので、正三角形の辺の数は、3×8=24本。

合わせて、48本の辺があります。

 

それぞれの辺は、立体を作るときに、2本が重なって1本になる

ので、立体の辺の数は、48÷2=24本 です。

 

 (2)図1より、すべての正方形のとなりには正三角形が、

すべての正三角形のとなりには正方形があるので、立体は

下の図3のようになります。

Pic_4112a

ここで、図3の上の面と底面の正方形は同じ大きさなので、

下の図4のように、底面の真上に上の面の正方形がある

ということになります。

Pic_4113a

次に、側面を囲む4つの正方形は、下の図5のように、

図4の矢印と直角に交わる線で頂点を結ぶことができ、

(図が見にくくなるので裏面は省略、正方形の対角線は

直角に交わる)

Pic_4114a_2

この立体を正方形ABCDの真上から見た図は、下の図6

のようになります。

      Pic_4115a

四角形PQRS は、PQ=QR=RS=SP なので、

ひし形か正方形になりますが、図の対称性から、PR=SQ で、

正方形になります。

 

 (3)点P と重なる点は、下の図7のように追うことができます。

    Pic_4116a

 (4)正方形ABCDの面積が18c㎡ のとき、図6の

正方形PQRSの面積は 36c㎡ となるので、PQ=6cm と

わかります。

 

この立体は、下の図8の立方体から、三角すいO-ABP と

同じものを8個取り除いてできる立体です。

Pic_4117a

 立方体の体積=6×6×6=216c㎥

 取り除く部分の体積=3×3÷2×3÷3×8個=36c㎥

なので、この立体の体積は、

 216-36=180c㎥

と求められます。

 

 

 

 渋谷教育学園渋谷中学の過去問題集は → こちら

 渋谷教育学園渋谷中学の他の問題は → こちら

 

|

« 魔方陣 第15問 (筑波大学附属中学 入試問題 2014年(平成26年度) 算数) | トップページ | 文章題 第96問 仕事算 (聖光学院中学 受験問題 2014年(平成26年度) 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立体図形の展開図 第53問 (渋谷教育学園渋谷中学 受験問題 2014年(平成26年度) 算数):

« 魔方陣 第15問 (筑波大学附属中学 入試問題 2014年(平成26年度) 算数) | トップページ | 文章題 第96問 仕事算 (聖光学院中学 受験問題 2014年(平成26年度) 算数) »