« 規則性の問題 数の並び 第77問 (立教池袋中学 受験問題 2014年(平成26年度) 算数) | トップページ | 立体図形の体積 第47問 (明星中学 受験問題 2010年(平成22年度) 算数) »

2014年11月11日 (火)

文章題 第95問 (桐朋中学 入試問題 2014年(平成26年度) 算数)

 

問題 (桐朋中学 入試問題 2014年 算数) 難易度★★★

 

ある店で、リンゴとナシを何個かずつ売りました。1日目は、

リンゴはリンゴ全体の個数の5割、ナシはナシ全体の個数の

4割が売れました。2日目は、残ったリンゴとナシを売りました。

ナシは全て売れましたが、リンゴは1日目に売れたナシと同じ

個数だけ売れて、42個残りました。2日目に売れたリンゴと

ナシの合計の個数は、1日目に売れたリンゴとナシの合計の

個数より18個少なくなりました。はじめにあったリンゴとナシ

の個数はそれぞれ何個ですか。

----------------------------------------------

----------------------------------------------

解答

 リンゴ5割の個数 = ナシ4割の個数+42個 なので、

1日目、2日目に売れたそれぞれの個数は、下の図1のように

なります。

Pic_4086a

1日目に売れた個数 = ナシ8割 + 42個

2日目に売れた個数 = ナシ10割

で、2日目の方が1日目より18個少ないので、

  ナシ2割の個数 = 42-18 = 24個

とわかるので、

  ナシの総数 = 24×5 = 120個

  リンゴの総数 = (24×2+42)×2 = 180個

と求められます。

 

 

 桐朋中学の過去問題集は → こちら

 桐朋中学の他の問題は → こちら

 

|

« 規則性の問題 数の並び 第77問 (立教池袋中学 受験問題 2014年(平成26年度) 算数) | トップページ | 立体図形の体積 第47問 (明星中学 受験問題 2010年(平成22年度) 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文章題 第95問 (桐朋中学 入試問題 2014年(平成26年度) 算数):

« 規則性の問題 数の並び 第77問 (立教池袋中学 受験問題 2014年(平成26年度) 算数) | トップページ | 立体図形の体積 第47問 (明星中学 受験問題 2010年(平成22年度) 算数) »