« 和と差 第44問 つるかめ算 (関西学院中学部 入試問題 2012年(平成24年度) 算数) | トップページ | 速さ 第81問 (灘中学 受験問題 2014年(平成26年度) 算数) »

2014年11月27日 (木)

積み木の問題 第32問 (神戸海星女子学院中学 入試問題 2010年(平成22年度) 算数)

 

問題 (神戸海星女子学院中学 入試問題 2010年 算数)

     難易度★★

     Pic_4095q

上の3つの図は、1辺の長さが1cmの立方体をすき間なく

積み重ねてできた立体を、真正面から見た図1、真横から見た

図2、真上から見た図3 です。このように見える立体は何通りか

ありますが、そのうち体積が最も小さい立体の体積と表面積を

求めなさい。

----------------------------------------------

----------------------------------------------

解答

 体積が最も小さくなる立方体の積み方は、下の図4のときです。

Pic_4096a

立方体の個数が12個なので、立体の体積は、12c㎥ です。

 

表面積は、前後から見ると図1、左右から見ると図2、

上下から見ると図3 になるので、

 6×2+6×2+9×2=42c㎡

です。

 

 

 神戸海星女子学院中学の過去問題集は → こちら

 神戸海星女子学院中学の他の問題は → こちら

 

|

« 和と差 第44問 つるかめ算 (関西学院中学部 入試問題 2012年(平成24年度) 算数) | トップページ | 速さ 第81問 (灘中学 受験問題 2014年(平成26年度) 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 積み木の問題 第32問 (神戸海星女子学院中学 入試問題 2010年(平成22年度) 算数):

« 和と差 第44問 つるかめ算 (関西学院中学部 入試問題 2012年(平成24年度) 算数) | トップページ | 速さ 第81問 (灘中学 受験問題 2014年(平成26年度) 算数) »