« 文章題 第93問 暦 (巣鴨中学 入試問題 2014年(平成26年度) 算数) | トップページ | グラフを読む 第30問 (女子学院中学 入試問題 2014年(平成26年度) 算数) »

2014年10月 8日 (水)

最短ルート 第11問 (城北中学 受験問題 2014年(平成26年度) 算数)

 

問題 (城北中学 受験問題 2014年 算数) 難易度★★★

      Pic_4034q

上の図は1辺が5cmの立方体で、辺AB上にAPの長さが

1cm となる点P を、辺BF上に点Qをとります。

PQ+QG が最も小さくなるとき、BQの長さは何cmですか。

----------------------------------------------

----------------------------------------------

解答

 PQ+QG が最も小さくなるのは、下の図1のような展開図で、

PG が一直線になるときです。

     Pic_4035a

三角形BPQ と三角形FGQ は相似で、相似比は 4:5 なので、

BQ の長さは、BF を 4:5 に分ければよく、

   5×4/9=2と2/9(cm)

と求められます。

 

 

 城北中学の過去問題集は → こちら

 城北中学の他の問題は → こちら

 

|

« 文章題 第93問 暦 (巣鴨中学 入試問題 2014年(平成26年度) 算数) | トップページ | グラフを読む 第30問 (女子学院中学 入試問題 2014年(平成26年度) 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最短ルート 第11問 (城北中学 受験問題 2014年(平成26年度) 算数):

« 文章題 第93問 暦 (巣鴨中学 入試問題 2014年(平成26年度) 算数) | トップページ | グラフを読む 第30問 (女子学院中学 入試問題 2014年(平成26年度) 算数) »