« 平面図形の長さ 第57問 (灘中学 入試問題 2012年(平成24年度) 算数) | トップページ | 規則性の問題 図形の復元 第5問 (大阪桐蔭中学 受験問題 2010年(平成22年度) 算数) »

2014年9月 1日 (月)

場合の数 並べ方 第80問 (神戸海星女子学院中学 受験問題 2012年(平成24年度) 算数)

 

問題 (神戸海星女子学院中学 受験問題 2012年 算数)

     難易度★★★☆

 

1,2,3,4 のいずれかの数字を使って4ケタの整数を作ります。

同じ数字を何度使ってもかまいません。次の問に答えなさい。

 

(1)整数は全部で何個できますか。

(2)できたすべての整数の一の位の数の和を求めなさい。

(3)できたすべての整数の和を求めなさい。

----------------------------------------------

----------------------------------------------

解答

 (1)一の位に4通り、十の位、百の位、千の位もそれぞれ4通り

あるので、4×4×4×4=256個 の整数ができます。

 

 (2)一の位が1の整数は、4×4×4=64個 あり、

一の位が2の整数、3の整数、4の整数も同様に64個なので、

一の位の数の和は、

 1×64+2×64+3×64+4×64

=(1+2+3+4)×64=10×64

640

となります。

 

 (3)できたすべての整数の十の位の数の和も 640、

百の位の数の和も 640、千の位の数の和も 640 です。

 

足し算において、各位の和を用いて計算すると、どうなるか

というと、たとえば、74+68=142 ですが、

 一の位の和 : 4+8=12

 十の位の和 : 7+6=13

で、

 12×1+13×10=142 

という計算で求めることができます。

 

このことから、この問題のすべての整数の和は、

 640×1000+640×100+640×10+640×1

=640×(1000+100+10+1)=640×1111

711040

と求められます。

 

 

 神戸海星女子学院中学の過去問題集は → こちら

 神戸海星女子学院中学の他の問題は → こちら

 

|

« 平面図形の長さ 第57問 (灘中学 入試問題 2012年(平成24年度) 算数) | トップページ | 規則性の問題 図形の復元 第5問 (大阪桐蔭中学 受験問題 2010年(平成22年度) 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 場合の数 並べ方 第80問 (神戸海星女子学院中学 受験問題 2012年(平成24年度) 算数):

« 平面図形の長さ 第57問 (灘中学 入試問題 2012年(平成24年度) 算数) | トップページ | 規則性の問題 図形の復元 第5問 (大阪桐蔭中学 受験問題 2010年(平成22年度) 算数) »