« ニュートン算 第14問 (洛星中学 入試問題 2012年(平成24年度) 算数) | トップページ | 平面図形の長さ 第57問 (灘中学 入試問題 2012年(平成24年度) 算数) »

2014年8月28日 (木)

食塩水の濃度 第32問 (奈良学園登美ヶ丘中学 入試問題 2011年(平成23年度) 算数)

 

問題 (奈良学園登美ヶ丘中学 入試問題 2011年 算数)

     難易度★

 

ビーカーに濃さが6%の食塩水が150g 入っています。

これに濃さが15%の食塩水を加えて、濃さが12%の

食塩水を作ろうとしましたが、誤って濃さが15%ではなく

9%の食塩水を入れてしまいました。誤ってできた食塩水

の濃さは何%ですか。

----------------------------------------------

----------------------------------------------

解答

 6%の食塩水150g と15%の食塩水を混ぜて12%にするには

下の図1のてんびん図より、

     Pic_3990a

150×6=3×□ なので、□=300g とわかります。

 

6%の食塩水150g と 9%の食塩水300g を混ぜると

できる食塩水の濃度は、下の図2のてんびん図より、

     Pic_3991a

150×②=300×① となるように、6%と9%の間を

分ければよく、8%の食塩水ができることがわかります。

 

 

 奈良学園登美ヶ丘中学の過去問題集は → こちら

 奈良学園登美ヶ丘中学の他の問題は → こちら

 

|

« ニュートン算 第14問 (洛星中学 入試問題 2012年(平成24年度) 算数) | トップページ | 平面図形の長さ 第57問 (灘中学 入試問題 2012年(平成24年度) 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食塩水の濃度 第32問 (奈良学園登美ヶ丘中学 入試問題 2011年(平成23年度) 算数):

« ニュートン算 第14問 (洛星中学 入試問題 2012年(平成24年度) 算数) | トップページ | 平面図形の長さ 第57問 (灘中学 入試問題 2012年(平成24年度) 算数) »