« 平面図形の長さ 第51問 (駒場東邦中学 入試問題 2014年(平成26年度) 算数) | トップページ | 場合の数 並べ方 第79問 (灘中学 入試問題 2014年(平成26年度) 算数) »

2014年6月25日 (水)

論理 第54問 (明星中学 2012年(平成24年度) 算数受験問題)

 

問題 (明星中学 2012年 算数受験問題) 難易度★

 

A,B,C,D,E の5人のうち、大阪市に住んでいるのは3人で、

その3人は北区、中央区、天王寺区に1人ずつ住んでいます。

次の3つの手がかりから、後の問に答えなさい。

【手がかり】

 ① A,B,E のうち、大阪市に住んでいるのは2人で、

    その2人のうちの1人は北区に住んでいます。

 ② A,B,C のうち、大阪市に住んでいるのは1人で、

    その人は中央区に住んでいます。

 ③ B,D,E のうち、大阪市に住んでいるのは2人で、

    その2人のうちの1人は天王寺区に住んでいます。

 

(1)大阪市に住んでいる3人はだれですか。

(2)大阪市の北区、中央区、天王寺区に住んでいる人を

   それぞれ答えなさい。

----------------------------------------------

----------------------------------------------

解答

 (1)【手がかり】①と②を比べると、E が C に変わると

大阪市に住んでいる人が減っています。ということは、

E は大阪市に住んでいて、C は住んでいないということです。

また、A,Bのどちらかが、大阪市に住んでいることになります。

 

【手がかり】③より、E は大阪市に住んでいるので、

B,D のどちらかが、大阪市に住んでいることになります。

 

すると、大阪市に住んでいるのは、E,

A,B のどちらか、B,D のどちらか になり、

Bが大阪市に住んでいると、大阪市に住んでいるのが2人と

なってしまうため、大阪市に住んでいるのは、A,D,E の3人

とわかります。

 

 (2)【手がかり】②より、中央区に住んでいるのは、 です。

【手がかり】①より、A,E のうち、Aは中央区に住んでいるので、

北区に住んでいるのは、です。

【手がかり】③より、天王寺区に住んでいるのは、 です。

 

 

 明星中学の過去問題集は → こちら

 明星中学の他の問題は → こちら

 

|

« 平面図形の長さ 第51問 (駒場東邦中学 入試問題 2014年(平成26年度) 算数) | トップページ | 場合の数 並べ方 第79問 (灘中学 入試問題 2014年(平成26年度) 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 論理 第54問 (明星中学 2012年(平成24年度) 算数受験問題):

« 平面図形の長さ 第51問 (駒場東邦中学 入試問題 2014年(平成26年度) 算数) | トップページ | 場合の数 並べ方 第79問 (灘中学 入試問題 2014年(平成26年度) 算数) »