« 図形の移動 第49問 (横浜共立学園中学 入試問題 2013年(平成25年度) 算数) | トップページ | 立体図形の切り口 第57問 (開成中学 受験問題 2011年(平成23年度) 算数) »

2013年10月31日 (木)

論理 第45問 (青山学院中等部 受験問題 2013年(平成25年度) 算数)

 

問題 (青山学院中等部 受験問題 2013年 算数)

     難易度★

 

東西にのびた道にA,B,C,D,E の5つの地点があります。

A の東80mにBがあり、C の西40mにDがあります。

DとE は110m、C とBは130m離れていて、BはE のとなりに、

CはAとDの間にあります。CとE のまん中の地点は、Aから

見てどちらの方角へ何mのところにありますか。

----------------------------------------------

----------------------------------------------

解答

 A の東80mにBがあり、C の西40mにDがあり、CはAとDの間

にあり、BとCが130m離れているので、下の図1のようになると

わかります。

  Pic_3577a

次に、BはE のとなりで、DとEは110m離れているので、

下の図2のようになることがわかります。

  Pic_3578a

このことから、CとE のまん中の地点は、Aから西へ15m

地点ということがわかります。

 

 

 青山学院中等部の過去問題集は → こちら

 青山学院中等部の他の問題は → こちら

 

|

« 図形の移動 第49問 (横浜共立学園中学 入試問題 2013年(平成25年度) 算数) | トップページ | 立体図形の切り口 第57問 (開成中学 受験問題 2011年(平成23年度) 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 論理 第45問 (青山学院中等部 受験問題 2013年(平成25年度) 算数):

« 図形の移動 第49問 (横浜共立学園中学 入試問題 2013年(平成25年度) 算数) | トップページ | 立体図形の切り口 第57問 (開成中学 受験問題 2011年(平成23年度) 算数) »