« 立体図形の体積 第43問 (投影図) (洛星中学 入試問題 2013年(平成25年度) 算数) | トップページ | 速さ 第49問 流水算 (ラ・サール中学 入試問題 2013年(平成25年度) 算数) »

2013年4月16日 (火)

速さ 第48問 時計算 (海城中学 2011年(平成23年度) 入試問題 算数)

 

問題 (海城中学 2011年 入試問題 算数) 難易度★★

 

長針、短針、秒針のついた時計について、次の【ア】~【カ】に

あてはまる数を求めなさい。ただし、秒の値のみ分数で答えなさい。

 

(1)7時から8時の間で、長針と短針の間の角の大きさが60度

   になる時刻は、1回目が 7時【ア】分【イ】秒で、2回目が

   7時【ウ】分【エ】秒です。

(2)7時から8時の間で、短針と秒針の間の角の大きさが120度

   になる 23回目 の時刻は、7時【オ】分【カ】秒です。

----------------------------------------------

----------------------------------------------

解答

 (1)7時の時点で、長針と短針の間の角度は、210度で、

長針は1分に6度、短針は1分に0.5度動くので、

長針と短針の作る角度が60度になるのは、

1回目が、

 (210-60)÷(6-0.5)=300/11=27と3/11分後

2回目が、

 (210+60)÷(6-0.5)=540/11=49と1/11分後

で、

 3/11分=180/11秒=16と4/11秒

  1/11分=60/11秒=5と5/11秒

なので、

 1回目が、7時27分16と4/11秒

 2回目が、7時49分5と5/11秒

とわかります。

 

 (2)短針と秒針の間の角の大きさが120度になるのは

1分間に2回あります。23回目は奇数回目なので、

22回目が終わると7時11分になっていて、その次の回です。

  

7時11分00秒では、短針と秒針の間の角の大きさは、

 210+0.5×11=215.5度

になっていて、1秒間に秒針は 6度動き、短針は、

 0.5÷60=1/120度

動きます。

 

215.5度あった短針と秒針の間の角の大きさが、120度になる

のは、

  (215.5-120)÷(6-1/120)

 =95.5÷719/120

 =11460/719

 =15と675/719 秒後

になり、23回目の時刻は、7時11分15と675/719秒 です。

 

 

 海城中学の過去問題集は → こちら

 海城中学の他の問題は → こちら

 

|

« 立体図形の体積 第43問 (投影図) (洛星中学 入試問題 2013年(平成25年度) 算数) | トップページ | 速さ 第49問 流水算 (ラ・サール中学 入試問題 2013年(平成25年度) 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速さ 第48問 時計算 (海城中学 2011年(平成23年度) 入試問題 算数):

« 立体図形の体積 第43問 (投影図) (洛星中学 入試問題 2013年(平成25年度) 算数) | トップページ | 速さ 第49問 流水算 (ラ・サール中学 入試問題 2013年(平成25年度) 算数) »