« 場合の数 第61問 式を成立させる (青山学院中等部 2008年(平成20年度) 受験問題 算数) | トップページ | 立体図形の体積比 第8問 (麻布中学 受験問題 2013年(平成25年度) 算数) »

2013年2月28日 (木)

数の性質 第71問 四捨五入 (慶應義塾中等部 受験問題 2013年(平成25年度) 算数)

 

問題 (慶應義塾中等部 受験問題 2013年 算数)

     難易度★★

 

ある整数の割り算で、商を四捨五入により小数第一位まで

求めることにします。40で割ると商が 7.0 になり、42で

割ると商が 6.6 になる整数を小さい順に 2つ 答えなさい。

----------------------------------------------

----------------------------------------------

解答

 ある整数を□とすると、

   □ ÷ 40 → 四捨五入で 7.0 (6.95以上7.04未満)

   □ ÷ 42 → 四捨五入で 6.6 (6.55以上6.65未満)

ということです。

 

□を小さい方から2つ答えるので、必要な計算は、

   40×6.65=278

   42×6.55=275.1

となるので、両方の割り算を満たす整数は、小さい方から、

278,279 となります。

 

他の計算は必要ありません(無駄です)が、やっておくと、

   40×7.04=281.6

   42×6.65=279.3

となります。両方の条件を満たす整数は、278,279 だけ

だったというわけですね。必要な計算と必要ではない計算を

見分けることも大事です。

 

 

 慶應義塾中等部の過去問題集は → こちら

 慶應義塾中等部の他の問題は → こちら

 

|

« 場合の数 第61問 式を成立させる (青山学院中等部 2008年(平成20年度) 受験問題 算数) | トップページ | 立体図形の体積比 第8問 (麻布中学 受験問題 2013年(平成25年度) 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数の性質 第71問 四捨五入 (慶應義塾中等部 受験問題 2013年(平成25年度) 算数):

« 場合の数 第61問 式を成立させる (青山学院中等部 2008年(平成20年度) 受験問題 算数) | トップページ | 立体図形の体積比 第8問 (麻布中学 受験問題 2013年(平成25年度) 算数) »