« 和と差 第33問 (鷗友学園女子中学 入試問題 2009年(平成21年度) 算数) | トップページ | 文章題 第56問 (筑波大学附属駒場中学 2004年(平成16年度) 入試問題 算数) »

2012年10月25日 (木)

平均 第19問 (横浜共立学園中学 受験問題 2008年(平成20年度) 算数)

 

問題 (横浜共立学園中学 受験問題 2008年 算数) 

     難易度★★

 

5つの小学校A,B,C,D,E の児童数について、以下のことが

わかっています。

 (ア)5つの小学校の児童数の平均は663人です。

 (イ)AとBの児童数の比は 3 : 4 です。

 (ウ)Aの児童数はCの児童数より75人多い。

 (エ)Bの児童数はDの児童数の1.4倍です。

 (オ)DとEの児童数の平均は645人です。

このとき、次の問に答えなさい。

 

(1)3つの小学校A,B,C の児童数の平均を求めなさい。

(2)小学校C の児童数を求めなさい。

(3)小学校E の児童数を求めなさい。

---------------------------------------------

---------------------------------------------

解答

 (1)5つの小学校の児童数の合計は、(ア)より、

      663×5=3315人

です。また、DとE の児童数の合計は、(オ)より、

      645×2=1290人

なので、A,B,C の児童数の平均は、

      (3315-1290)÷3=675人

と求められます。

 

 (2)(イ)と(ウ)より、Aの児童数を【 3 】とすると、

Bの児童数は【 4 】、Cの児童数は【 3 】-75 となり、

A,B,C の児童数の合計が(1)より 2025人 なので、

 【 3 】+【 4 】+【 3 】-75=2025 となり、

 【 10 】 = 2100 、 【 1 】=210人 とわかります。

 

よって、Cの児童数は、210×3-75=555人 です。

 

 (3)(エ)より、Dの児童数は、210×4÷1.4=600人 です。

Eの児童数は、(1)より、1290-600=690人 です。

 

 

 横浜共立学園中学の過去問題集は → こちら

 横浜共立学園中学の他の問題は → こちら

 

|

« 和と差 第33問 (鷗友学園女子中学 入試問題 2009年(平成21年度) 算数) | トップページ | 文章題 第56問 (筑波大学附属駒場中学 2004年(平成16年度) 入試問題 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平均 第19問 (横浜共立学園中学 受験問題 2008年(平成20年度) 算数):

« 和と差 第33問 (鷗友学園女子中学 入試問題 2009年(平成21年度) 算数) | トップページ | 文章題 第56問 (筑波大学附属駒場中学 2004年(平成16年度) 入試問題 算数) »