« 立体図形の切り口 第45問 (投影図) (芝中学 入試問題 2012年(平成24年度) 算数) | トップページ | 和と差 第32問 (洛星中学 受験問題 2011年(平成23年度) 算数) »

2012年9月 5日 (水)

和と差 第31問 (浦和明の星女子中学 受験問題 2011年(平成23年度) 算数)

 

問題 (浦和明の星女子中学 受験問題 2011年 算数) 

     難易度★★

 

A,B,C の3人でパーティをしました。A はケーキを、B は

飲み物を、C はお菓子を買ってきました。ケーキの代金は

飲み物代とお菓子代を合わせた金額と同じでした。パーティの

終了後、3人の支払う金額が等しくなるように、B,C の2人が

それぞれ A に240円渡しました。このパーティでは、1人あたり

何円かかりましたか。

---------------------------------------------

---------------------------------------------

解答

 B も C も240円ずつ A に渡すと金額が等しくなるので、

B の飲み物代と、C のお菓子代が等しいことがわかります。

 

B + C = A なので、B=C=① という金額とすると、

A の金額 = ② となります。

  

B,C が支払う金額は、①+240円、

A が支払う金額は、②-480円 なので、

これを図にすると、下の図のようになり、

Pic_3073a

①=240+480=720円 ということがわかります。

 

よって、このパーティでは、1人あたり、

     720+240=960円

かかったことがわかります。

 

 

 浦和明の星女子中学の過去問題集は → こちら

 浦和明の星女子中学の他の問題は → こちら

|

« 立体図形の切り口 第45問 (投影図) (芝中学 入試問題 2012年(平成24年度) 算数) | トップページ | 和と差 第32問 (洛星中学 受験問題 2011年(平成23年度) 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和と差 第31問 (浦和明の星女子中学 受験問題 2011年(平成23年度) 算数):

» 75日で1ランク上の高校に合格した学習法 [幸福のゴールドサイン]
75日あれば、どんなお子様でも 公立【第一志望校】へ逆転合格することは可能です... [続きを読む]

受信: 2012年9月 9日 (日) 17時53分

« 立体図形の切り口 第45問 (投影図) (芝中学 入試問題 2012年(平成24年度) 算数) | トップページ | 和と差 第32問 (洛星中学 受験問題 2011年(平成23年度) 算数) »