« 規則性の問題 数の並び 第54問 (山手学院中学 2010年(平成22年度) 受験算数問題) | トップページ | 計算問題 第79問 (攻玉社中学 2008年(平成20年度) 受験問題 算数) »

2012年6月 6日 (水)

規則性の問題 図形 第23問 (片山学園中学 受験問題 2011年(平成23年度) 算数)

 

問題 (片山学園中学 受験問題 2011年 算数) 難易度★★

 

下の図1、図2、図3、・・・ は、正三角形の中にそれより小さい

正三角形を順に続けて描いたものです。このとき、図1から数えて

7番目になる図7の内部に描かれる最も小さい正三角形の面積を

1 とすると、図1の正三角形の面積はいくらになりますか。

Pic_2946q

----------------------------------------------

----------------------------------------------

解答

 図1 → 図2 → 図3 → ・・・ と、1つの正三角形が4分割されて

いきます。図7まで進むと、4分割が6回起きたことになるので、

図7の内部の最も小さい正三角形の面積を1とすると、

図1の正三角形の面積は、

   1×4×4×4×4×4×4=4096

になります。

 

 

 片山学園中学の過去問題集は → こちら

 片山学園中学の他の問題は → こちら

 

|

« 規則性の問題 数の並び 第54問 (山手学院中学 2010年(平成22年度) 受験算数問題) | トップページ | 計算問題 第79問 (攻玉社中学 2008年(平成20年度) 受験問題 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 規則性の問題 図形 第23問 (片山学園中学 受験問題 2011年(平成23年度) 算数):

« 規則性の問題 数の並び 第54問 (山手学院中学 2010年(平成22年度) 受験算数問題) | トップページ | 計算問題 第79問 (攻玉社中学 2008年(平成20年度) 受験問題 算数) »