« 点の移動 第32問 (東海中学 2012年(平成24年度) 受験問題 算数) | トップページ | グラフを読む 第18問 (東大寺学園中学 2012年(平成24年度) 受験問題 算数) »

2012年2月13日 (月)

速さ 第39問 通過算 (麻布中学 2012年(平成24年度) 受験問題 算数)

 

問題 (麻布中学 2012年 受験問題 算数) 難易度★★★☆

 列車A,B はそれぞれ一定の速さで、並行(へいこう)する

線路の上を逆向きに走っています。ある地点を列車の先頭が

通過してから最後尾が通過するまでの時間は、A が15秒、

B が20秒です。また、A とB がすれ違うのに要する時間は

18秒です。列車A とB の速さの比と長さの比をそれぞれ

求めなさい。

---------------------------------------------

---------------------------------------------

解答

 ある地点を列車の先頭が通過してから最後尾が通過するまでの

時間というのは、列車が列車の長さのキョリを進むのにかかる

時間です。A が15秒、B が20秒 かかり、A とB がすれ違うのに

かかる時間が18秒ということから、まず、下の図1のように

すれ違う場面を考えましょう。すれ違う地点をP とします。

Pic_2814a

すれ違い始めて15秒後、列車A は地点Pを完全に通過しますが、

列車B は地点P を通過するには20秒必要ですから、5秒分、

すなわち、列車B の長さの 1/4分は、地点Pを通過できず、

列車A と重なっています。

 

さらに、3秒後、すれ違い始めて18秒後は、下の図2のように

列車A と列車B の最後尾がすれ違い終わり、

Pic_2815a

3秒間に2つの列車は、それぞれ3秒分のキョリを進み、

   Aの長さの3/15=1/5

  Bの長さの3/20

を進んだことになります。このキョリの合計は列車B の長さの

1/4に等しいので、下の図3のように、

        Pic_2816a

列車A の長さの1/5 と列車B の長さの1/10 が等しいことになり、

  列車A の長さ × 1/5 = 列車B の長さ × 1/10 より、

  A の長さ : B の長さ = 1/10 : 1/5 = 1 : 2

とわかります。

 

次に、速さの比は、列車A は15秒、列車B は20秒で

それぞれの列車の長さを進み、列車Bは列車Aの2倍の長さ

なので、列車B は10秒で列車A と同じ長さを進むことになり、

速さの比は、同じキョリを進む時間の逆比 なので、

  A の速さ : B の速さ = 10 : 15 = 2 : 3 

とわかります。

 

 

 麻布中学の過去問題集は → こちら

 麻布中学の他の問題は → こちら

 

|

« 点の移動 第32問 (東海中学 2012年(平成24年度) 受験問題 算数) | トップページ | グラフを読む 第18問 (東大寺学園中学 2012年(平成24年度) 受験問題 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速さ 第39問 通過算 (麻布中学 2012年(平成24年度) 受験問題 算数):

« 点の移動 第32問 (東海中学 2012年(平成24年度) 受験問題 算数) | トップページ | グラフを読む 第18問 (東大寺学園中学 2012年(平成24年度) 受験問題 算数) »