« 和と差 第26問 (大妻中学 2007年(平成19年度) 入試問題 算数) | トップページ | 計算問題 第67問 (約束記号) (渋谷教育学園幕張中学 2012年(平成24年度) 入試問題 算数) »

2012年1月20日 (金)

論理 第8問 (灘中学 2012年(平成24年度) 受験問題 算数)

 

問題 (灘中学 2012年 受験問題 算数) 難易度★★

 

A,B の2人がジャンケンをします。グーで勝つと10点、チョキで

勝つと8点、パーで勝つと5点の得点がそれぞれもらえます。また、

グーで負けると1点、チョキで負けると2点、パーで負けると3点の

得点がそれぞれもらえます。また、あいこのときも1回のジャンケン

として数え、その得点は0点です。ジャンケンを2回したときに、

Aの得点がBの得点より4点高くなりました。このとき、Bの得点

として考えられるもののうち、最も低い方から順に2つ答えなさい。

----------------------------------------------

----------------------------------------------

解答

 ジャンケンの勝負について、点数をまとめると以下の①~③の

 ようになり、

  勝 グー (10点)  負 チョキ (2点) ・・・ ① 差8点

  勝 チョキ(8点)   負 パー  (3点) ・・・ ② 差5点

  勝 パー (5点)   負 グー  (1点) ・・・ ③ 差4点

あいこは、どちらも0点です。

  

2回ジャンケンして、Aの得点がBの得点より4点高いので、

Bの得点で最も低いのは、

 勝負のつき方が、あいこ1回と、③のときで、1点 です。

 

次に低い得点を考えます。2回とも、Bが負けというパターンでは、

得点差が開くばかりなので、A,B2人とも1回ずつ勝ったときで、

差が4点になるものを考えると、①と③の勝負のつき方をしたとき

2人の得点差は4点となり、Bの得点は、5+2=7点 です。

 

よって、Bの得点として考えられるものを低い方から挙げると、

 1点、7点 となります。

 

 

 灘中学の過去問題集は → こちら

 灘中学の他の問題は → こちら

 

|

« 和と差 第26問 (大妻中学 2007年(平成19年度) 入試問題 算数) | トップページ | 計算問題 第67問 (約束記号) (渋谷教育学園幕張中学 2012年(平成24年度) 入試問題 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 論理 第8問 (灘中学 2012年(平成24年度) 受験問題 算数):

« 和と差 第26問 (大妻中学 2007年(平成19年度) 入試問題 算数) | トップページ | 計算問題 第67問 (約束記号) (渋谷教育学園幕張中学 2012年(平成24年度) 入試問題 算数) »