« 平面図形の角度 第60問 (海城中学 2011年(平成23年度) 受験問題 算数) | トップページ | 平面図形の角度 第61問  »

2011年4月 7日 (木)

グラフを読む 第9問 (青山学院中等部 2011年(平成23年度) 入試問題 算数)

 

問題 (青山学院中等部 2011年 受験問題 算数) 

     難易度★★★

 

下のグラフは、2種類の針金アとイの長さと重さの

関係を表したものです。

 Pic_2225q

(1)アとイの針金が同じ重さのとき、イはアより1.5 m 長く

   なりました。このとき、アとイの針金の重さは、それぞれ

   何 g ですか。

(2)アとイの針金が同じ長さのとき、重さの合計が9.1kg に

   なりました。このとき、アとイの針金の長さは、それぞれ

   何 m ですか。

----------------------------------------------

----------------------------------------------

解答

 (1)同じ重さで比べると、よくわかるのは、60g のときです。

下のグラフ1より、60g のとき、右のグラフが左のグラフより

0.5m 長いことがわかります。従って、右がイ、左がア と

わかります。

 Pic_2226a

60g のとき、0.5m の差ができるので、差が1.5m に

なるのは、60×3=180g のときです。

 

 (2)同じ長さで比べると、よくわかるのは、1m のときです。

下のグラフ2より、ア、イが共に1mのとき、それぞれの重さは

アが40g、イが30g で、合計70g です。

 Pic_2227a

アとイの重さの合計が 9.1kg=9100g になるのは、

70g でそれぞれ1m なので、それぞれが、

  9100÷70×1=130m のときです。

 

 

 青山学院中等部の過去問題集は → こちら

 青山学院中等部の他の問題は → こちら

 

|

« 平面図形の角度 第60問 (海城中学 2011年(平成23年度) 受験問題 算数) | トップページ | 平面図形の角度 第61問  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グラフを読む 第9問 (青山学院中等部 2011年(平成23年度) 入試問題 算数):

« 平面図形の角度 第60問 (海城中学 2011年(平成23年度) 受験問題 算数) | トップページ | 平面図形の角度 第61問  »