« 立体図形の展開図 第34問 (筑波大学附属中学 2004年(平成16年度) 中学受験問題 算数) | トップページ | 最短ルート 第6問 (六甲中学 2010年(平成22年度) 入試問題 算数) »

2011年3月10日 (木)

規則性の問題 図形 第19問 (本郷中学 2009年(平成21年度) 入試算数問題)

 

問題 (本郷中学 2009年 入試算数問題) 難易度★★★

 

下の図のように点Pが点Oを出発して、初めは西の方向へ1m、

次に南の方向へ2m、次に東の方向へ3m、次に北の方向へ

4m、次に西の方向へ5m、・・・と進んでいきます。このとき、

次の問に答えなさい。

Pic_2188q_2

(1)あるときに点Pは、□の方向に85m進みました。

   □にあてはまる方向を答えなさい。

(2)点Pが南北を結ぶ直線と交わったところを、図のように

   順番に①、②、③、・・・とします。点Oを出発して⑮までに

   点Pは何m進むか求めなさい。

-----------------------------------------------

-----------------------------------------------

解答

 (1)西→南→東→北の順番に点Pは移動していき、

それぞれ1m、2m、3m、4m、・・・の順に動くので、

方角と動く道のりの関係は、道のりを4で割った余りが

1,2,3,4のどれかを調べればよいことがわかります。

 

85m進むのは、85÷4=21あまり1 より、西の方向です。

 

 (2)点Pがどれくらい移動しているのか書きこんでみると、

下の図1のようになります。

 Pic_2189a

 ①までに、1m+2m+1m=4m

 ②までに、2m+4m+2m=8m

 ③までに、3m+6m+3m=12m

のように、点Pが動く長さは、4の倍数ずつ増えていきます

 

よって、点Pが⑮までに動く長さは、

 4+8+12+・・・+60=(4+60)×15÷2

               =480m と求められます。 

 

 

 本郷中学の過去問題集は → こちら

 本郷中学の他の問題は → こちら

 

|

« 立体図形の展開図 第34問 (筑波大学附属中学 2004年(平成16年度) 中学受験問題 算数) | トップページ | 最短ルート 第6問 (六甲中学 2010年(平成22年度) 入試問題 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 規則性の問題 図形 第19問 (本郷中学 2009年(平成21年度) 入試算数問題):

« 立体図形の展開図 第34問 (筑波大学附属中学 2004年(平成16年度) 中学受験問題 算数) | トップページ | 最短ルート 第6問 (六甲中学 2010年(平成22年度) 入試問題 算数) »