« 規則性の問題 図形 第13問 (清風南海中学 2009年 受験問題 算数) | トップページ | 立体図形の体積比 第6問 (甲陽学院中学 2000年 受験問題 算数) »

2010年9月22日 (水)

場合の数 第37問 ぬり分け (お茶の水女子大学附属中学 2010年 入試問題 算数)

 

問題 (お茶の水女子大学附属中学 2010年 入試問題 算数) 

     難易度★

 

 紙に下の図を描きました。この図の線で区切られた部分に1色を

絵の具でぬるとき、最低何色必要か答えなさい。

 ただし、となりあった部分は違う色をぬるものとします。

      Pic_1866q

---------------------------------------------

------------------------------------------------

解答

 最低何色かを調べるので、少ない色から調べます。

 

1色でぬれるか・・・となり合った部分があるので不可能

2色でぬれるか・・・中央の円の部分が2つととなりあっているので

            不可能

3色でぬれるか・・・下の図のように可能

      Pic_1867a

よって、最低3色必要であることがわかります。

 

 

 お茶の水女子大附属中学の過去問題集は → こちら

 お茶の水女子大学附属中学の他の問題は → こちら

 

|

« 規則性の問題 図形 第13問 (清風南海中学 2009年 受験問題 算数) | トップページ | 立体図形の体積比 第6問 (甲陽学院中学 2000年 受験問題 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 場合の数 第37問 ぬり分け (お茶の水女子大学附属中学 2010年 入試問題 算数):

» 75日で1ランク上の高校に合格した学習法 [生活レスキュー]
75日あれば、どんなお子様でも 公立【第一志望校】へ逆転合格することは可能です... [続きを読む]

受信: 2010年9月29日 (水) 16時10分

« 規則性の問題 図形 第13問 (清風南海中学 2009年 受験問題 算数) | トップページ | 立体図形の体積比 第6問 (甲陽学院中学 2000年 受験問題 算数) »