« 規則性の問題 数の並び 第34問 (海城中学 2005年(平成17年度) 受験問題 算数) | トップページ | 計算問題 第29問 (虫食い算) (暁星中学 2006年(平成18年度) 受験問題 算数) »

2010年8月 3日 (火)

魔方陣 第8問 (学習院中等科 2008年(平成20年度) 入試算数問題 改題)

 

問題 (学習院中等科 2008年 入試算数問題 改題)

     難易度★★★★

  

 下の図の丸の中に、1から7までの数字を、どれも必ず1回使い、

直線で結ばれた3つの数の和がどれも同じになるように入れます。

Pic_0742q

(1)3つの数の和はいくらか答えなさい。

(2)図を満たす数字の組み合わせは何通りありますか。

-----------------------------------------------

-----------------------------------------------

解答

 (1)下図のようにA~Gまでの記号を当てはめ、3つの数の

和を□とすると、

Pic_0743a

A+B+EA+C+FA+D+GB+C+DE+F+G=□

となります。

この図には5つの数の和ができるので、そのすべてを足してみます

 

A+B+EA+C+FA+D+GB+C+DE+F+G

=□×5

整理してみると、

(A+B+C+D+E+F+G)×2+A=□×5 となります。

 

A+B+C+D+E+F+G=1+2+3+4+5+6+7=28 より、

28×2+A=56+A=□×5 という式ができます。

 

この式は、56+A が、5の倍数 ということを示しています。 

 

Aには、1から7のいずれかが入るので、

56+Aが5の倍数になるには、A=4 でなければならないので、

56+4=60=□×5 より、□=60÷5=12 と求められます。

 

よって、3つの数の和は、12です。

 

 (2)Aには4が必ず入るので、残る6個の数字について考えます。

3つの数の和が12なので、

B+E=C+F=D+G=12-4=8です。

残る数字は1,2,3,5,6,7で、足して8になる組は、

(1,7)、(2,6)、(3,5)の3組です。

 

さらに、B+C+D=E+F+G=12となるような組は、

(1,5,6)、(2,3,7)の2組です。

  

B,C,D=(1,5,6)のとき、B,C,Dの数が決まれば

E,F,Gの数も決まるので、その並び方の数は、

3×2×1=6通り です。

 

B,C,D=(2,3,7)のときも、同様に6通りあるので、

合計すると、6×2=12通り となります。

 

 

 学習院中等科の過去問題集は → こちら

 学習院中等科の他の問題は → こちら

 

|

« 規則性の問題 数の並び 第34問 (海城中学 2005年(平成17年度) 受験問題 算数) | トップページ | 計算問題 第29問 (虫食い算) (暁星中学 2006年(平成18年度) 受験問題 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔方陣 第8問 (学習院中等科 2008年(平成20年度) 入試算数問題 改題):

« 規則性の問題 数の並び 第34問 (海城中学 2005年(平成17年度) 受験問題 算数) | トップページ | 計算問題 第29問 (虫食い算) (暁星中学 2006年(平成18年度) 受験問題 算数) »