« 図形の回転 第14問 (奈良学園中学 2009年(平成21年度) 入試問題 算数) | トップページ | 規則性の問題 n進法 第6問 (智辯学園和歌山中学 2009年(平成21年度) 入試算数問題) »

2010年8月23日 (月)

場合の数 第34問 お金の支払い方 (武蔵中学 2005年(平成17年度) 受験問題 算数)

 

問題 (武蔵中学 2005年 受験問題 算数) 難易度★★★

 (1)6000円を、五千円札、二千円札、千円札の3種類のお札で

払うとき、その枚数の組み合わせをすべて答えなさい。

Pic_1796q

 

 (2)A君たち8人は、お年玉を、五千円札、二千円札、千円札の

組み合わせでもらいました。以下の話から、だれがどのお札を

何枚もらったのか答えなさい。

 

 A君 「ぼくたち8人は、全員9000円ずつもらいました。」

 B君 「でも、もらったお札の組み合わせは全員違います。」

 C君 「ぼくは二千円札をみんなの中で一番多くもらいました。」

 D君 「いいなぁ。ぼくは二千円札を1枚ももらえなかったよ。」

 E君 「ぼくは五千円札を1枚ももらえなかったよ。」

 F君 「ぼくは、みんなの中でもらった枚数が一番多いぞ。」

 G君 「A君より、ぼくの方が枚数が4枚も少ないなぁ。」

 H君 「ぼくは、B君より枚数が2枚多いなぁ。」

Pic_1797q

-----------------------------------------------

-----------------------------------------------

解答

 (1)6000=5000×○+2000×△+1000×□ という式で、

○、△、□にあてはまる数を考えていきます。

 

 大きい数に対応するものから順に大きい数を入れていきます。

この問題の場合は、○に1を入れ、○にゼロを入れて△に3を入れ

という順に調べていくと、下の表1のようになります。

Pic_1798a_2

 

 (2) (1)と同様に、9000=5000×○+2000×△+1000×□

という式の ○、△、□に当てはまる数を調べると、下の表2の

ようになります。

Pic_1799a_2

ちょうど8通りあり、A君たちの人数と同じです。

この表と、問題文から、8人の枚数を推測しましょう。

C君は二千円札の枚数が最も多いので、④になります。

F君は、枚数が最も多いので、⑧になります。

D君は、二千円札を1枚ももらっていないので、③か⑧で、

 ⑧はF君なので、③ということになります。

E君は、⑤、⑥、⑦のどれかで、残り4人は合計枚数が話題に

なっているので、下の表3のように合計枚数を書き加えます。

Pic_1800a

2枚差、4枚差という話なので、調べると、

②と⑦を4枚差として選ぶと、2枚差の組み合わせがなくなるので

①と⑥が4枚差として選ばれ、

 ⑤と⑦を2枚差として選ぶと、E君が②となってしまうので、

 ②と⑤を2枚差として選び、E君は⑦となります。

 

以上をまとめると、下の表4のようになります。

Pic_1801a

 

 

 武蔵中学の過去問題集は → こちら

 武蔵中学の他の問題は → こちら

 

|

« 図形の回転 第14問 (奈良学園中学 2009年(平成21年度) 入試問題 算数) | トップページ | 規則性の問題 n進法 第6問 (智辯学園和歌山中学 2009年(平成21年度) 入試算数問題) »

コメント

はじめまして。当方二千円札の普及に努力している者です。このような形で二千円札が採用されるとは驚きました。
さっそく拙ブログにて紹介させていただきます。よろしくお願いします。

投稿: 2000円マスター | 2010年8月24日 (火) 21時26分

はじめまして、2000円マスターさん。

そのような着眼点があろうとは、驚きました。
取り上げていただき光栄です。

また目を引く問題がありましたら、取り上げて
いただければと思います。

今後ともよろしくです。

投稿: 桜組 | 2010年8月25日 (水) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 場合の数 第34問 お金の支払い方 (武蔵中学 2005年(平成17年度) 受験問題 算数):

« 図形の回転 第14問 (奈良学園中学 2009年(平成21年度) 入試問題 算数) | トップページ | 規則性の問題 n進法 第6問 (智辯学園和歌山中学 2009年(平成21年度) 入試算数問題) »