« 照明の歴史 (聖光学院中学 2008年(平成20年度) 受験問題 社会) | トップページ | 数の性質 第44問 (12の倍数) (灘中学 1999年(平成11年度) 受験問題 算数) »

2010年6月 2日 (水)

立体図形の展開図 第26問 (共立女子中学 2009年(平成21年度) 入試算数問題)

 

問題 (共立女子中学 2009年 入試算数問題) 難易度★★★

 立方体の形をした箱があります。この箱の辺を切って、立方体の

展開図を作るには、何本の辺を切ればよいか答えなさい。

----------------------------------------------

----------------------------------------------

解答

 立方体にある辺の数は、下の図のように12本です。

Pic_1520a

立方体の辺の数12本に対して、展開図には、

5本の辺がそのまま残っています。

 

すなわち、12-5=7本の辺を切ればよいことがわかります。

 

他の展開図でも、5本の辺がそのまま残っていることを

確認してみてください。

 

  

 すべての立方体の展開図は → こちら 

 

 共立女子中学の過去問題集は → こちら

 共立女子中学の他の問題は → こちら

 

|

« 照明の歴史 (聖光学院中学 2008年(平成20年度) 受験問題 社会) | トップページ | 数の性質 第44問 (12の倍数) (灘中学 1999年(平成11年度) 受験問題 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立体図形の展開図 第26問 (共立女子中学 2009年(平成21年度) 入試算数問題):

« 照明の歴史 (聖光学院中学 2008年(平成20年度) 受験問題 社会) | トップページ | 数の性質 第44問 (12の倍数) (灘中学 1999年(平成11年度) 受験問題 算数) »