« 規則性の問題 数の並び 第27問 (市川中学 2007年(平成19年度) 入試問題 算数) | トップページ | 立体図形の展開図 第26問 (共立女子中学 2009年(平成21年度) 入試算数問題) »

2010年6月 1日 (火)

照明の歴史 (聖光学院中学 2008年(平成20年度) 受験問題 社会)

 

問題 (聖光学院中学 2008年 受験問題 社会) 難易度★★

 

 人工衛星から、夜となっているときの地球を見ると、アメリカや

ヨーロッパ、日本などの先進国といわれる地域は、明るく輝いて

見えるそうです。それは、夜間でも明るい照明によって照らされ、

昼とさほど変わらぬ生活ができるようにしているからです。

 しかし、約100年前の世界では事情が全く異なります。人類が

明るい夜を過ごせるようになったのは、アメリカの発明家[ 1 ]

が電灯を実用化して以来です。それ以前の長い期間、人類は

物質を燃焼させて得られる灯りだけが照明でした。

 

 日本の江戸時代の人々の生活を考えてみても、人々は夜暗く

なると眠り、日の出とともに活動するのが普通で、夜にどうしても

活動しなければならないときは、石などで造った台の上で、油を

多く含んだ松の根などを燃やしたり、外ではかがり火や、松明

などを灯りとしました。一般の人々に灯りが広まっていくのは、

[ 2 ]の栽培が行われ、灯りのための油が多く供給されるように

なって以後のことです。油に灯芯(とうしん)といわれるものをひたし

その先端(せんたん)に火をつけて灯りとしたのです。しかし、この

灯りは風に弱かったので、木や鉄の枠(わく)の周囲に紙をはり、

風よけとした行灯が多く用いられました。

 

 油以外の灯りとしては、ろうそくがありましたが、油より高価で、

初めのうちは裕福(ゆうふく)な人々しか用いることができません

でした。しかし、江戸時代の後半になると、その需要も高まり、

原料となる[ A ] の栽培がさかんになりました。

 

問1 [ 1 ]、[ 2 ]にあてはまる人名、語句を答えなさい。

問2 下線部①、②の読み方を答えなさい。

問3 文中の[ A ]に入る植物名を、次のア~エから選びなさい。

   ア.ハゼ  イ.クワ  ウ.ワタ  エ.ベニバナ

-----------------------------------------------

-----------------------------------------------

解答

 問1

   1:エジソン・・・電球を発明しました。

   2:菜種(アブラナ、菜の花)

      菜種油は、字のとおり、菜の種から採った油

      (アブラナ:油菜・・・名前の通り油を採るため栽培された)

 問2

  ①:たいまつ

  ②:あんどん

 問3 消去法で・・・答えはア

  ハゼノキ → 参照:ハゼノキ

  ベニバナ ・・・ 食用油

 

 

 聖光学院中学の過去問題集は → こちら

 聖光学院中学の他の問題は → こちら

 

|

« 規則性の問題 数の並び 第27問 (市川中学 2007年(平成19年度) 入試問題 算数) | トップページ | 立体図形の展開図 第26問 (共立女子中学 2009年(平成21年度) 入試算数問題) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 照明の歴史 (聖光学院中学 2008年(平成20年度) 受験問題 社会):

« 規則性の問題 数の並び 第27問 (市川中学 2007年(平成19年度) 入試問題 算数) | トップページ | 立体図形の展開図 第26問 (共立女子中学 2009年(平成21年度) 入試算数問題) »