« 規則性の問題 数の並び 第32問 (東大寺学園中学 2007年 入試問題 算数) | トップページ | 規則性の問題 図形 第11問 (函館ラ・サール中学 2009年(平成21年度) 入試問題 算数) »

2010年6月30日 (水)

数の性質 第47問 四捨五入 (フェリス女学院中学 2008年(平成20年) 受験問題 算数)

 

問題 (フェリス女学院中学 2008年 受験問題 算数) 難易度★

 

 2つの数A,Bがあります。小数第一位を四捨五入すると、

Aは11に、Bは7になりました。このとき、A÷Bは□より

小さくなります。□にあてはまる数を答えなさい。

------------------------------------------------

------------------------------------------------

解答

 A÷B の結果が最も大きくなる場合を考えます。

 

割り算なので、

  Aは大きい数の方がよく、Bは小さい数の方がよいですね。

 

Aは11.5未満。Bは6.5以上 なので、

A÷Bは、11.5÷6.5=23/13=1と10/13 より小さくなります。

 

よって、□=1と10/13 です。

 

 

 フェリス女学院中学の過去問題集は → こちら

 フェリス女学院中学の他の問題は → こちら

 

|

« 規則性の問題 数の並び 第32問 (東大寺学園中学 2007年 入試問題 算数) | トップページ | 規則性の問題 図形 第11問 (函館ラ・サール中学 2009年(平成21年度) 入試問題 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数の性質 第47問 四捨五入 (フェリス女学院中学 2008年(平成20年) 受験問題 算数):

« 規則性の問題 数の並び 第32問 (東大寺学園中学 2007年 入試問題 算数) | トップページ | 規則性の問題 図形 第11問 (函館ラ・サール中学 2009年(平成21年度) 入試問題 算数) »