« 九州の旧称 (芝中学 2007年(平成19年度) 入試問題 社会 類題) | トップページ | 規則性の問題 数の並び 第31問 (女子学院中学 2010年(平成22年度) 入試問題 算数) »

2010年6月16日 (水)

平面図形の角度 第45問 正六角形と正七角形 (灘中学 2006年(平成18年度) 算数受験問題)

 

問題 (灘中学 2006年 算数受験問題) 難易度★★★

 下の図のように、正六角形ABCDEF と正七角形ABGHIJK が

あります。このとき、(あ)と(い)の角度の大きさを求めなさい。

Pic_2252q

---------------------------------------------

---------------------------------------------

解答

 正六角形の1つの角度は120度

 

 正七角形の1つの角度は、

   {(180-360÷7)÷2}×2=128と4/7度

 

 よって、(あ)の大きさは、 

  128と4/7度 - 120度 =8と4/7度 です。

 

次に、(い)についてですが、下の図のように、頂点 I から

辺DE,ABに垂直に線を下ろし、交点をL とすると、

Pic_2253a

 ▲ =180-120=60度

 ● =128と4/7 ÷ 2 =64と2/7度

とそれぞれ求められるので、四角形L E M I において、

 ○ =360-(60+90+64と2/7)

   =145と5/7度

とわかるので、求める角度(い)の大きさは、

 180-145と5/7=34と2/7度 です。

 

 

 灘中学の過去問題集は → こちら

 灘中学の他の問題は → こちら

 

|

« 九州の旧称 (芝中学 2007年(平成19年度) 入試問題 社会 類題) | トップページ | 規則性の問題 数の並び 第31問 (女子学院中学 2010年(平成22年度) 入試問題 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平面図形の角度 第45問 正六角形と正七角形 (灘中学 2006年(平成18年度) 算数受験問題):

« 九州の旧称 (芝中学 2007年(平成19年度) 入試問題 社会 類題) | トップページ | 規則性の問題 数の並び 第31問 (女子学院中学 2010年(平成22年度) 入試問題 算数) »