« 計算問題 第25問 (灘中学 2004年(平成16年度) 入試問題 算数) | トップページ | 数の性質 第43問 偶数と奇数 (四天王寺中学 2008年(平成20年度) 入試問題 算数) »

2010年5月28日 (金)

地震のP波、S波 (早稲田実業中等部 2009年(平成21年度) 入試問題 理科)

 

問題 (早稲田実業中等部 2009年 入試問題 理科) 

     難易度★★★

 

 地震が起こると、観測地点では、最初に到着するP波と、

遅れて到着するS波と呼ばれる2つの地震波が観測されます。

これに関して、次の(ア)~(エ)の中から正しいものを選びなさい。

 

(ア)P波は縦波(進行方向に平行にゆれる波)で、S波より大きい

(イ)S波は横波(進行方向に直角にゆれる波)で、P波より大きい

(ウ)P波は横波(進行方向に直角にゆれる波)で、S波より小さい

(エ)S波は縦波(進行方向に平行にゆれる波)で、P波より小さい

----------------------------------------------

----------------------------------------------

解答

 P波(Primary wave 第一波、縦波)

     進行方向に平行に振動する小さいゆれ 

 S波(Secondary wave 第二波、横波)

    進行方向に直角に振動する大きいゆれ

 

何が縦で何が横なのか分からない人も多いのではないでしょうか。

 

下の図は、地中の震源から、地上へ地震波が伝わることを

表しています。

 

左が地下、右が地上です。 

Pic_1490a

地底から地上へ、地震波の進行方向は縦です。

 P波は、衝撃波を地上へ押し上げるイメージの波で、縦波、

 S波は、波を左右にゆらすイメージの波で、横波です。

進行方向とゆれる方向が同じであるP波の方が、伝わるのが

速くなることがイメージできると思います。

 

普通、わたしたちが体感するのは、グラグラ揺れるS波です。

 

選択肢のうち、正しいのは(イ)となります。

 

 

 早稲田実業学校中等部の過去問題集は → こちら

 早稲田実業中等部の他の問題は → こちら

 

|

« 計算問題 第25問 (灘中学 2004年(平成16年度) 入試問題 算数) | トップページ | 数の性質 第43問 偶数と奇数 (四天王寺中学 2008年(平成20年度) 入試問題 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震のP波、S波 (早稲田実業中等部 2009年(平成21年度) 入試問題 理科):

« 計算問題 第25問 (灘中学 2004年(平成16年度) 入試問題 算数) | トップページ | 数の性質 第43問 偶数と奇数 (四天王寺中学 2008年(平成20年度) 入試問題 算数) »