« 規則性の問題 数の並び 第24問 (東大寺学園中学 2007年、駒場東邦中学 2005年、攻玉社中学 2010年、鎌倉学園中学 2010年、豊島岡女子学園中学 2009年 算数入試問題) | トップページ | 立体図形の展開図 第24問 (浦和明の星女子中学 2007年(平成19年度) 受験問題 算数) »

2010年4月21日 (水)

数の性質 第38問 (広島学院中学 2010年(平成22年度) 入試問題 算数)

 

問題 (広島学院中学 2010年 入試問題 算数) 難易度★★

 

分子が分母より2大きく、それ以上約分できない分数があります。

この分数の分母に60を足すと、約分することができ、分子が1に

なります。このような分数のうち、分母が最も小さい分数を答えな

さい。

-----------------------------------------------

-----------------------------------------------

解答

 分母を□とすると、分子は□+2になります。

下の分数のように、分母に60を足すと約分できるということは、 

           Pic_1348a

分子、分母が、60-2=58 の約数 ということを表しています。

58の約数は、1,2,29,58 です。

 

□+2=1のとき、分数は成り立ちません。

□+2=2のとき、分数は成り立ちません。

□+2=29のとき、分数は29/27 です。

□+2=58のとき、分数は58/56=29/28 と約分できます。

 

よって答えは29/27 です。

 

 

 広島学院中学の過去問題集は → こちら

 広島学院中学の他の問題は → こちら

 

|

« 規則性の問題 数の並び 第24問 (東大寺学園中学 2007年、駒場東邦中学 2005年、攻玉社中学 2010年、鎌倉学園中学 2010年、豊島岡女子学園中学 2009年 算数入試問題) | トップページ | 立体図形の展開図 第24問 (浦和明の星女子中学 2007年(平成19年度) 受験問題 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数の性質 第38問 (広島学院中学 2010年(平成22年度) 入試問題 算数):

« 規則性の問題 数の並び 第24問 (東大寺学園中学 2007年、駒場東邦中学 2005年、攻玉社中学 2010年、鎌倉学園中学 2010年、豊島岡女子学園中学 2009年 算数入試問題) | トップページ | 立体図形の展開図 第24問 (浦和明の星女子中学 2007年(平成19年度) 受験問題 算数) »