« 場合の数 並べ方 第28問 (芝中学 2006年(平成18年度) 受験問題 算数) | トップページ | 正十二面体の頂点と辺の数 (公文国際学園中等部 2009年(平成21年度) 入試問題 算数) »

2010年3月26日 (金)

論理 第4問 (四天王寺中学 2009年(平成21年度) 受験問題 算数)

 

問題 (四天王寺中学 2009年 受験問題 算数) 難易度★

 

 A,B,C,D,E,F の6人がテニスの試合を行いました。

試合は総当たり戦(どの人も他のすべての人と1試合ずつ

対戦すること)で、結果について次のことがわかっています。

 

 
 Aは3勝2敗だった。

 Bは5勝0敗だった。

 Cは3勝2敗だった。

 Fは2勝3敗だった。

 EはCに勝った。

 

このことから、F はだれとだれに勝ったのかを答えなさい。

-----------------------------------------------

-----------------------------------------------

解答

 Bは全員に勝っています。

 CはBとEに負けて、A,D,Fには勝っているとわかります。

 AはBとCに負けて、D,E,Fには勝っているとわかります。

 FはA,B,Cに負けているので、残りのD,Eに勝ったことが

 わかります。

    Pic_1237a

対戦結果は上の図のようになります。

 

 

 四天王寺中学の過去問題集は → こちら

 四天王寺中学の他の問題は → こちら

 

|

« 場合の数 並べ方 第28問 (芝中学 2006年(平成18年度) 受験問題 算数) | トップページ | 正十二面体の頂点と辺の数 (公文国際学園中等部 2009年(平成21年度) 入試問題 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219713/33946549

この記事へのトラックバック一覧です: 論理 第4問 (四天王寺中学 2009年(平成21年度) 受験問題 算数):

« 場合の数 並べ方 第28問 (芝中学 2006年(平成18年度) 受験問題 算数) | トップページ | 正十二面体の頂点と辺の数 (公文国際学園中等部 2009年(平成21年度) 入試問題 算数) »