« 場合の数 第22問 選び方 (灘中学 2008年(平成20年度) 受験問題 算数) | トップページ | 平面図形の長さ 第13問 (フェリス女学院中学 2009年(平成21年度) 受験問題 算数) »

2010年3月 2日 (火)

文章題 第29問 (年齢算) (広島学院中学 2009年(平成21年度) 受験問題 算数)

 

問題 (広島学院中学 2009年 受験問題 算数) 難易度★★

 Aさんの家族には、61才のお母さんと3才と5才の2人の子供が

います。2人の子供の年れいの和が、お母さんの年れいの半分に

なるのは何年後ですか。

----------------------------------------------

----------------------------------------------

解答

 現在の子供の年れいの和は、3+5=8 です。

この和の2倍が、お母さんの年れいと等しくなるのが何年後か

ということです。

 

 現在は、お母さん:61、子供の和=8×2=16

1年後は、お母さん:62、子供の和=10×2=20

・・・というように、差は3ずつ縮まるので、差が0になるのは

(61-16)÷3=15年後 となります。

 

 

 広島学院中学の過去問題集は → こちら

 広島学院中学の他の問題は → こちら

 

|

« 場合の数 第22問 選び方 (灘中学 2008年(平成20年度) 受験問題 算数) | トップページ | 平面図形の長さ 第13問 (フェリス女学院中学 2009年(平成21年度) 受験問題 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文章題 第29問 (年齢算) (広島学院中学 2009年(平成21年度) 受験問題 算数):

« 場合の数 第22問 選び方 (灘中学 2008年(平成20年度) 受験問題 算数) | トップページ | 平面図形の長さ 第13問 (フェリス女学院中学 2009年(平成21年度) 受験問題 算数) »