« 計算問題(虫食い算) 第19問 (智辯学園和歌山中学 2003年(平成15年度) 受験問題 算数) | トップページ | 立体図形の展開図 (切り口を展開図に描く) 第21問 (灘中学 2005年(平成17年度) 入試問題 算数) »

2010年3月18日 (木)

地震の知識~震度とマグニチュード (浦和明の星女子中学 2008年(平成20年度) 入試問題 理科)

 

問題 (浦和明の星女子中学 2008年 入試問題 理科)

     難易度★★

 

 次の文章を読んで、問に答えなさい。

 

 A市に住んでいる明子さんは、ある日曜日の昼ごろ、家が

ゆれるのを感じました。ゆれ始めた時刻は12時25分20秒

でした。気のせいかと思っていましたが、しばらくすると、ゆれが

はげしくなり、棚の上の置物がカタカタと音をたててゆれましたが

落ちることはありませんでした。ゆれがはげしくなったのは、

12時25分48秒でした。

 

 その後、B市に住む友人から電話があり、「B市では、はげしい

ゆれがあり、本棚から本が落ちた。」とのことでした。

 

 ニュースでは、地震が発生したことが放送され、震源地(地震の

発生したところ)は、C市沖(おき)、震源の深さは20km、地震の

規模はマグニチュード7とのことで、各地の震度も発表されました。

 

 C市に近いD市では、家屋がたおれるなどの大きな被害(ひがい)

が出ました。

 

 

 (1)マグニチュードと震度について、正しいものを全て選びなさい。

ア:マグニチュードと震度は同じ値で表される。

  (マグニチュードが7のときは、震度も7)

イ:マグニチュードが7のときでも、震度はいろいろな値で表される。

ウ:震源から遠ざかるほど、マグニチュードの値は小さくなり、

  震度は変わらない。

エ:震源からの距離(きょり)とマグニチュードの値は比例する。

オ:震源からの距離と震度の値は比例して大きくなる。

カ:1回の地震であれば、マグニチュードの値は1つである。

キ:1回の地震であれば、震度の値は1つである。

 

 

 (2)B市、C市、D市で、小さいゆれが始まった時刻、大きい

ゆれが始まった時刻は、次のとおりでした。

Pic_1189q

また、震源からの距離は、B市が102km、C市が51km、D市が

48kmでした。A市の震源からの距離として、もっとも適当なものを

次の中から選びなさい。

 ア:100km イ:150km ウ:200km エ:250km 

 オ:300km カ:350km

 

 

 (3)地震の発生時刻は、だいたいどのくらいになりますか。

もっとも適当なものを次の中から選びなさい。

 ア:12時23分35秒  イ:12時23分55秒 

 ウ:12時24分15秒  エ:12時24分35秒

 オ:12時24分55秒  カ:12時25分15秒

 

 

 (4)地球の表面は、いくつかの岩石の板でおおわれています。

それぞれは非常にゆっくり動いていて、その境目付近では地震が

多く発生すると考えられています。地球の表面をおおっている

この岩石の板のことを何といいますか。

 

 

 (5)地震によって大地が大きく変化することがあります。次のうち

地震によって生じたと考えられるものはどれですか。適当なものを

すべて選びなさい。

 

ア:群馬県の鬼押し出し(おにおしだし)。1783年、岩石が流れて

  できたところ。

イ:鹿児島県の桜島。1914年、島が半島と地続きになったところ。

ウ:三浦半島の海岸。1923年、海底がもり上がって陸地になった

  ところ。

エ:北海道の昭和新山。1943年、地面がもり上がってできたところ。

オ:淡路島(あわじしま)の田んぼのあぜ道の一部。1995年、

  水平方向や上下方向にずれたところ。

カ:尾瀬の湿原。2007年、日光国立公園から独立して尾瀬国立

  公園になったところ。

-----------------------------------------------

-----------------------------------------------

解答

 (1)マグニチュードとは、地震の発生させるエネルギーの大きさ

を表した値で、一般に、マグニチュードが1大きくなると、エネルギー

は約32倍になると計算されています。

 

 震度とは、地震の際に地面のゆれがどの程度の大きさだったか

を表したもので、震度は場所によって変わります

 

 参考 → 防災豆知識

 

 選択肢を見てみましょう。

ア:マグニチュードと震度は別のものですから、同じ値に

  なることはありません。よって×

イ:正しいです。

ウ:震源から遠ざかるほど小さくなるのは、震度の値です。

  よって×

エ:マグニチュードの値は一定ですから、誤り。

オ:震源からの距離が大きい(遠い)ほど震度は小さくなるので、

  比例しません。

カ:正しいです。

キ:震度は計測する地点によって様々な値になります。よって×

 

  以上より、答えは、イ、カ です。

 

 

 (2)問題文より、A市で小さいゆれが始まったのは、12時25分

20秒で、大きいゆれが始まったのは、12時25分48秒とあります。

 

問の表から、B市とC市の小さいゆれの始まった時刻に11秒の

差があり、B市とC市は51kmはなれています。

 

また、B市とA市では、小さいゆれの始まった時刻に22秒の

差があります。このことから、B市とA市は51×2=102km

はなれていると推測できるので、A市は震源からは200km、

の「」が答えとなります。

 

 

 (3)(2)より、地震の影響が50kmはなれた位置に届くまで

11秒なので、C市、D市のゆれが始まる11秒前の、

12時24分35秒 が震源でゆれ始まった時刻といえるでしょう。

答えは、「」です。

 

 (4)地球の表面をおおっている岩石の板のことを

プレート」といいます。プレートの移動によって地面がゆれ、

地震が起こっていると考えられています。

 

 

 (5)地震によって生じたものか検証すると、

 

ア:「岩石が流れて」という表現から、浅間山の噴火による

  溶岩による形成物と推測できます。よって×

イ:桜島の噴火によるもので、地震によるものではありません。

  よって×

ウ:1923年は、関東大震災のあった年です。よって、これは

  地震によって生じたものです。

エ:昭和新山による隆起です。火山活動によるものなので、×

オ:1995年は、阪神大震災のあった年です。よって、これは

  地震によって生じたものです。

カ:尾瀬国立公園が独立したのは、政治的な要因のためで、

  地震によるものではないので×

 

 よって、答えは、ウとオ です。

 

 

 浦和明の星女子中学の過去問題集は → こちら

 浦和明の星女子中学の他の問題は → こちら

 

|

« 計算問題(虫食い算) 第19問 (智辯学園和歌山中学 2003年(平成15年度) 受験問題 算数) | トップページ | 立体図形の展開図 (切り口を展開図に描く) 第21問 (灘中学 2005年(平成17年度) 入試問題 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震の知識~震度とマグニチュード (浦和明の星女子中学 2008年(平成20年度) 入試問題 理科):

« 計算問題(虫食い算) 第19問 (智辯学園和歌山中学 2003年(平成15年度) 受験問題 算数) | トップページ | 立体図形の展開図 (切り口を展開図に描く) 第21問 (灘中学 2005年(平成17年度) 入試問題 算数) »