« 規則性の問題 n進法 第4問 (四天王寺中学 2008年(平成20年度) 算数入試問題 改題) | トップページ | 図形の回転 第10問 (立教新座中学 2006年(平成18年度) 算数入試問題) »

2009年12月17日 (木)

速さ 第13問 (奈良学園中学 2009年(平成21年度) 入試算数問題)

 

問題 (奈良学園中学 2009年 入試算数問題) 難易度★

 

A地点からB地点へ移動します。道のりの8分の1を進んだとき、

予定していた時間の5分の1が経過していました。予定していた

時間にB地点に到着するには、それまでの速さの何倍の速さで

移動すればよいですか。

----------------------------------------------

----------------------------------------------

解答

 道のり=速さ×時間 から、8分の1を進んだときの速さと、

それ以降の速さを求めて比べればよいことになります。

 Pic_0816a

 8分の1の距離を進むのに、5分の1の時間かかっているので、

その速さは、1/8÷1/5=5/8  という速さになります。

 

次に、残りの8分の7を進むのに、5分の4の時間で進まないと

いけないので、その速さは、7/8÷4/5=35/32 という速さです。

 

それぞれの速さが出たので、何倍になっているかというと、

35/32 ÷ 5/8 =7/4 倍 (4分の7倍)となります。

 

 

 奈良学園中学の過去問題集は → こちら

 奈良学園中学の他の問題は → こちら

 

|

« 規則性の問題 n進法 第4問 (四天王寺中学 2008年(平成20年度) 算数入試問題 改題) | トップページ | 図形の回転 第10問 (立教新座中学 2006年(平成18年度) 算数入試問題) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速さ 第13問 (奈良学園中学 2009年(平成21年度) 入試算数問題):

« 規則性の問題 n進法 第4問 (四天王寺中学 2008年(平成20年度) 算数入試問題 改題) | トップページ | 図形の回転 第10問 (立教新座中学 2006年(平成18年度) 算数入試問題) »