« 数の性質 第25問 既約分数の和 (浅野中学 2003年(平成15年度) 入試算数問題) | トップページ | 場合の数 第17問 式を成立させる (慶應義塾普通部 2000年(平成12年度) 算数入試問題) »

2009年11月10日 (火)

手紙の書き方 (浦和明の星女子中学 2006年(平成18年度) 受験国語問題 類題)

 

問題 (浦和明の星女子中学 2006年 受験国語問題 類題)

 

以下は、たて書きにした手紙です。 

Pic_0664q

(1)手紙の空らんA~Eまでに入る適切なものを、

   以下のア~オから選びなさい。

 

ア:十一月十日 (日付)

イ:拝啓

ウ:敬具

エ:浦野 明子 (差出人名)

オ:星 和子 先生 (宛名 敬称)

 

(2)次の文は、次のA~Eのどこに入るか答えなさい。

「 追伸、来年から浦和に転居することになりました。」

-----------------------------------------------

-----------------------------------------------

解答 

 (1) A-イ、B-ウ、C-ア、D-エ、E-オ

 (2) E にはいります。正確には、宛名より後ろに書きます。

 

 

 浦和明の星女子中学の過去問題集は → こちら

 浦和明の星女子中学の他の問題は → こちら

 

|

« 数の性質 第25問 既約分数の和 (浅野中学 2003年(平成15年度) 入試算数問題) | トップページ | 場合の数 第17問 式を成立させる (慶應義塾普通部 2000年(平成12年度) 算数入試問題) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手紙の書き方 (浦和明の星女子中学 2006年(平成18年度) 受験国語問題 類題):

« 数の性質 第25問 既約分数の和 (浅野中学 2003年(平成15年度) 入試算数問題) | トップページ | 場合の数 第17問 式を成立させる (慶應義塾普通部 2000年(平成12年度) 算数入試問題) »