« 漢字 部首【ヒ】(ひ) | トップページ | 立体図形の体積 第7問 -くり抜き- (桜蔭中学 2008年(平成20年度) 算数受験問題) »

2009年10月12日 (月)

漢字 部首【けいがまえ】(まきがまえ)

 

問題

 漢字で、部首が【けいがまえ】(まきがまえ)のものをできるだけ

書きなさい。

-----------------------------------------------

-----------------------------------------------

【円】 エン、まる-い

意味:まる

用例

 円転滑脱(えんてんかつだつ):自由に振る舞って、滞らない事。

                  人と争わないでうまく物事を運ぶこと。  

 円滑(えんかつ):物事がすらすらとうまく運ぶこと。

 円熟(えんじゅく):慣れて上手になること。

 円満(えんまん):満ち足りて、欠けたところがないこと。

 大団円(だいだんえん):物事がめでたく収まる最後の局面。

 

【冊】 サツ、サク

意味:ふみ

用例

 冊子(さっし):書物

 短冊(たんざく):字を書くための細長い紙。 

  

【再】 サイ、サ、ふたた-び

意味:ふたたび。二度

用例

 再生(さいせい):よみがえること。

 再考(さいこう):もう一度考える。考え直すこと。

 再来(さいらい):ふたたび来ること。生まれ変わり。

 再建(さいけん):つぶれかかった組織などを建て直すこと。

 再起(さいき):一度失敗したものが再び立ち上がること。

 再審(さいしん):判決が確定した後に、さらに上級裁判所が

            審理判決すること。

 再燃(さいねん):衰えたものが再び盛んになること。

 再会(さいかい):ふたたび会うこと。

 再開(さいかい):中断したことを再び始めること。

 再発(さいはつ):事故・病気などが再び起こること。

  

【冑】 チュウ、よろい、かぶと

意味:かぶと、よろい

用例

 甲冑(かっちゅう):よろいとかぶと。 

  

【冒】 ボウ、おか-す

意味:おかす

用例

 冒頭(ぼうとう):物事の初めの部分。前置き。

 冒涜(ぼうとく):無礼をすること。

 冒険(ぼうけん):危ないことを押し切って行うこと。

 感冒(かんぼう):風邪。呼吸器系の疾患の総称。

  

  

 以上、部首が【けいがまえ】(まきがまえ)の漢字でした。

   

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ         ←参考になりましたら、応援お願いします
にほんブログ村    ランキング参加中です。

 

Tb_2←イメージでわかる中学受験算数

|

« 漢字 部首【ヒ】(ひ) | トップページ | 立体図形の体積 第7問 -くり抜き- (桜蔭中学 2008年(平成20年度) 算数受験問題) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漢字 部首【けいがまえ】(まきがまえ):

« 漢字 部首【ヒ】(ひ) | トップページ | 立体図形の体積 第7問 -くり抜き- (桜蔭中学 2008年(平成20年度) 算数受験問題) »