« 立体図形の体積 第7問 -くり抜き- (桜蔭中学 2008年(平成20年度) 算数受験問題) | トップページ | 点の移動 第3問 (立教新座中学 2009年(平成21年度) 受験算数問題) »

2009年10月13日 (火)

平面図形の面積 第55問 面積比 (ラ・サール中学 2009年(平成21年度) 算数受験問題)

 

問題 (ラ・サール中学 2009年 算数受験問題) 難易度★★★

 

台形ABCDがあります。ADとBCは平行で、ADとBCの長さの

比は2:3です。AB上に点P,CD上に点Qをとったところ、

三角形ADQ,三角形APQ、三角形PQC、三角形PBCの面積は、

それぞれ3c㎡、5c㎡、4c㎡、3c㎡ となりました。

PQとACの交点を点Rとしたとき、次の問に答えなさい。

Pic_0542

 (1)三角形APCの面積を求めなさい。

 (2)三角形APRの面積を求めなさい。

----------------------------------------------

----------------------------------------------

解答

(1)台形ABCDの面積は、3+5+4+3=15c㎡ で、

AD:BC=2:3なので、

三角形ACDの面積:三角形ABCの面積=2:3

となり、三角形ABCの面積=15÷5×3=9c㎡ となります。

 

三角形PBCの面積が3c㎡ なので、

三角形APCの面積=9-3=6c㎡ です。

 

 (2)PRの長さ:RQの長さの比を考えると、

PR:RQ=三角形APRの面積:三角形AQRの面積

     =三角形PRCの面積:三角形QRCの面積

となります。

Pic_0543

よって、(三角形APRの面積+三角形PRCの面積)

     : (三角形AQRの面積+三角形QRCの面積)=PR:RQ

すなわち、三角形APCの面積:三角形AQCの面積=PR : RQ 

となります。

 

三角形APCの面積は、(1)より6c㎡、

三角形AQCの面積は、

三角形APQの面積+三角形PQCの面積-三角形APCの面積

=5+4-6=3c㎡ なので、

PR:RQ=6:3=2:1 となります。

 

よって、三角形APRの面積:三角形AQRの面積=2:1より、

三角形APRの面積=5÷3×2=3と1/3c㎡ となります。

 

★PQを基準に考えましたが、

ACを基準にしても同様に求められます。 

 

 

 ラ・サール中学の過去問題集は → こちら

 ラ・サール中学の他の問題は → こちら

 

|

« 立体図形の体積 第7問 -くり抜き- (桜蔭中学 2008年(平成20年度) 算数受験問題) | トップページ | 点の移動 第3問 (立教新座中学 2009年(平成21年度) 受験算数問題) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平面図形の面積 第55問 面積比 (ラ・サール中学 2009年(平成21年度) 算数受験問題):

« 立体図形の体積 第7問 -くり抜き- (桜蔭中学 2008年(平成20年度) 算数受験問題) | トップページ | 点の移動 第3問 (立教新座中学 2009年(平成21年度) 受験算数問題) »