« 平面図形の面積 第56問 (武蔵中学 2009年(平成21年度) 受験算数問題 改題) | トップページ | 立体図形の展開図 第12問 (開成中学 2006年(平成18年度) 入試算数問題) »

2009年10月15日 (木)

規則性の問題 数の並び 第12問 (広島学院中学 2007年(平成19年度) 受験算数問題)

 

問題 (広島学院中学 2007年 受験算数問題) 難易度★★★

 

数の書かれたカードを3枚ならべ、次の操作でカードを増やして

いきます。

 ★となり合う左右のカードに書かれた数の和を書いたカードを、

   その2枚のカードの間に加える。

 

たとえば、最初の状態が・・・・・・◎             ①             ②

のとき、1回目の操作のあと・・・◎    ①     ①     ③      ②

となり、2回目の操作のあと・・・ ◎ ① ① ② ① ④ ③ ⑤ ②

となります。次の問に答えなさい。

 

 (1)最初の状態が、②③①のとき、3回目の操作の後にカードに

    書かれている数のうち、最も大きい数は何ですか。

 

 (2)最初の状態が、②⑦④のとき、12回目の操作の後に、

    右から2番目のカードに書かれている数は何ですか。

 

 (3)最初の状態が、⑪■⑦のとき、14回目の操作の後に、

    右から2番目と左から2番目のカードに書かれている数の和が

    290になりました。■に書いてある数は何ですか。

-----------------------------------------------

-----------------------------------------------

解答

 (1)最初が2,3,1のとき、1回目の操作で2,5,3,4,1となり、

2回目の操作で2,7,5,8,3,7,4,5,1となりますので、

3回目の操作で最も大きい数になるのは、5+8=13 です。

 

 (2)最初が2,7,4のとき、右から2番目の位置の数は、

1回目の操作で、7+4=11、2回目の操作で、11+4=15、

3回目の操作で、15+4=19、・・・のように、7+4×操作回数

となるので、12回目の操作の後には、7+4×12=55 です。

 

 (3)最初が11、■、7のとき、

右から2番目の位置の数は、■+7×操作回数

左から2番目の位置の数は、■+11×操作回数 となるので、

14回目の操作の後、右から2番目の数は、■+7×14=■+98

左から2番目の数は、■+11×14=■+154 

 

この2つの和、すなわち、■×2+252=290なので、

■=19 ということがわかります。

 

 

 広島学院中学の過去問題集は → こちら

 広島学院中学の他の問題は → こちら

 

|

« 平面図形の面積 第56問 (武蔵中学 2009年(平成21年度) 受験算数問題 改題) | トップページ | 立体図形の展開図 第12問 (開成中学 2006年(平成18年度) 入試算数問題) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 規則性の問題 数の並び 第12問 (広島学院中学 2007年(平成19年度) 受験算数問題):

« 平面図形の面積 第56問 (武蔵中学 2009年(平成21年度) 受験算数問題 改題) | トップページ | 立体図形の展開図 第12問 (開成中学 2006年(平成18年度) 入試算数問題) »