« サイコロ 第1問 (筑波大学附属中学 2009年 算数入試問題) | トップページ | 規則性の問題 操作 第3問 (筑波大学附属駒場中学 2004年 受験問題 算数) »

2009年8月 7日 (金)

和と差 第6問 (四天王寺中学 2009年 算数入試問題)

問題 (四天王寺中学 2009年 算数入試問題) 難易度★★★

 りんごが6個はいった箱、みかんが8個はいった箱、なしが12個

はいった箱が、合計180箱あります。合計したりんご、みかん、なし

の数がすべて等しかったとき、りんごが6個はいった箱は何箱か

答えなさい。

------------------------------------------------

解答

 りんご、みかん、なしの数が等しくなければならないので、

6,8,12の最小公倍数を求めると、24個ということが

わかります。

  

24個は、りんごでは24÷6=4箱、みかんでは24÷8=3箱、

なしでは24÷12=2箱に相当します。

この4+3+2=9箱ずつのセットの倍数になっていないと

りんご、みかん、なしの数が等しくなることはないです。

Pic_0280_2

9箱のかたまりが、180÷9=20セットあることになります。

りんごは9箱のうち4箱なので、りんごの箱は4×20=80箱

あることになります。

    

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ         ←参考になりましたら、応援お願いします
にほんブログ村    ランキング参加中です。

 

Tb_2←イメージでわかる中学受験算数

|

« サイコロ 第1問 (筑波大学附属中学 2009年 算数入試問題) | トップページ | 規則性の問題 操作 第3問 (筑波大学附属駒場中学 2004年 受験問題 算数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和と差 第6問 (四天王寺中学 2009年 算数入試問題):

« サイコロ 第1問 (筑波大学附属中学 2009年 算数入試問題) | トップページ | 規則性の問題 操作 第3問 (筑波大学附属駒場中学 2004年 受験問題 算数) »