« 立体図形の展開図 第3問 (巣鴨中学 2005年 算数入試問題) | トップページ | 平面図形の面積 第21問 面積比 (ラ・サール中学 2006年 受験算数問題) »

2009年7月 6日 (月)

場合の数 並べ方 第2問 (灘中学 中学受験算数問題)

問題 (灘中学 中学受験算数問題) 難易度★

 1,2,3,4,5という数字が書かれたカードが1枚ずつ

あります。ここから3枚を取って並べて3けたの整数を作るとき

大きい方から10番目の数と、小さい方から10番目の数との

差はいくらか答えなさい。   

--------------------------------------------------

解答

 まず、小さいものから順に書いてみましょう。

 

123、124,125、13●、13●、13●、

14●、14●、14●、152 ←10番目は152です。

 

同様に、大きいものから順に書いてみましょう。

 

541、542、543、53●×3個、52●×3個、

514 ←10番目は514です。

 

よって、2つの整数の差は、 

514-152=362 です。 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ     ←参考になりましたら、応援お願いします
にほんブログ村    ランキング参加中です。

 

Tb_2←イメージでわかる中学受験算数

|

« 立体図形の展開図 第3問 (巣鴨中学 2005年 算数入試問題) | トップページ | 平面図形の面積 第21問 面積比 (ラ・サール中学 2006年 受験算数問題) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 場合の数 並べ方 第2問 (灘中学 中学受験算数問題):

« 立体図形の展開図 第3問 (巣鴨中学 2005年 算数入試問題) | トップページ | 平面図形の面積 第21問 面積比 (ラ・サール中学 2006年 受験算数問題) »