« 有名な四面体 第1問 | トップページ | 平面図形の長さ 第3問 (灘中学 2004年(平成16年度) 算数入試問題) »

2009年7月 9日 (木)

最短ルート 第1問 (六甲中学 2008年 受験算数問題)

問題 (六甲中学 2008年 受験算数問題) 難易度★★★★★

 対角線の長さが5cmの立方体があり、ある頂点から

1cmのところに点Aがあります。この場所から点Aが

立方体のすべての面を最短のルートを通って戻って

きたとき、その通った長さを答えなさい。   

       Pic_0123

--------------------------------------------------

解答

 展開図を描いて考えてみると、 最短ルートは

下図のようになります。

Pic_0124_2

この長さは正方形の対角線3つ分と等しく、15cmです。

 

 

 【関連問題

  最短ルート 第2問 (渋谷教育学園渋谷中学 2007年)

  最短ルート 第3問 (慶應義塾中等部 2002年) 

  最短ルート 第4問 (巣鴨中学 2002年)

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ     ←参考になりましたら、応援お願いします
にほんブログ村    ランキング参加中です。

 

Tb_2←イメージでわかる中学受験算数

|

« 有名な四面体 第1問 | トップページ | 平面図形の長さ 第3問 (灘中学 2004年(平成16年度) 算数入試問題) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最短ルート 第1問 (六甲中学 2008年 受験算数問題):

« 有名な四面体 第1問 | トップページ | 平面図形の長さ 第3問 (灘中学 2004年(平成16年度) 算数入試問題) »