« 文章題 第5問 仕事算 (雙葉中学 2004年(平成16年度) 受験算数問題) | トップページ | 立体図形の展開図 第3問 (巣鴨中学 2005年 算数入試問題) »

2009年7月 4日 (土)

漢字 部首 【にんべん】 人偏 その2

 

問題  部首が【にんべん】の漢字をできるだけ書きなさい。

     Part.2

-------------------------------------

-------------------------------------

【にんべん】 - つくり 5画のもの 

つくり 0~4画のものは → こちら

つくり 6画、7画のものは → こちら

つくり 8画以上のものは → こちら

-------------------------------------

【位】 イ、くらい

意味:「人」に「立つ」と書いて、人の位置、身分を表す。

用例  

 三位一体(さんみいったい):3つのものが本質において同じ

                  1つのものであるということ。

 位牌(いはい):死者の戒名を書いて祭る木の札

 即位(そくい):天皇の位につくこと。

  

【佑】 ユウ、たす-ける

意味:たすける。

用例

 天佑(てんゆう):天の助け。

 

【何】 カ、なに、なん

意味:なに

用例

 何故(なぜ、なにゆえ):どうして、どういう理由で

 何処(いずこ、どこ):どの場所

 何卒(なにとぞ):どうか。相手に折り入って願う気持ちを表す。

 如何(いかん):どのようであるか

 何はさておき(なにはさておき):ほかのことは放っておいても、

                     これだけは。

 何はともあれ(なにはともあれ):とにかく。

 何はなくとも(なにはなくとも):他のものは差し置いても、

                   これだけあれば

 何彼と(なにかと):あれこれと、いろいろ。何彼と忙しい。

  

【伽】 キャ、ガ

意味:梵語(サンスクリット語)のカ、カ、キャの音を表す

用例

 伽藍(がらん)寺。

 

【佐】 サ、たす-ける

意味:たすける。

用例

 佐幕(さばく):江戸時代末期、幕府を助けることを大義とした

         党派の名。佐幕派。

 

【作】 サク、つく-る

意味:つくる。

用例 

 作法(さほう):立ち居振る舞いの正しい方式。行儀作法。

 発作(ほっさ):症状が突然起き、間もなくおさまること。

 造作(ぞうさ):手のかかること。造作もなく(簡単に)

 

【伺】 シ、うかが-う

意味:うかがう

 

【似】 ジ、に-る

意味:にる、にせる

用例

 似非(えせ):似てはいるが本物とは違った。似て非なる。

 近似(きんじ):真の量的な値と大差ない結果が示されること。

          近似値。

 相似(そうじ):1つの図形を均等に拡大、縮小することによって

         他の図形と完全に重ね合わせられるとき、元の

         図形と他の図形は「相似」である、という。

 擬似、疑似(ぎじ):本物ではないが、見かけがよく似ていて

             区別がつけにくいこと。疑似餌(ぎじえ)

 酷似(こくじ):非常によく似ていること。

 空似(そらに):血はつながっていないのに、どことなく似ている。

          他人の空似。

 

【住】 ジュウ、す-む、すま-う

意味:住む。

用例 

 住職(じゅうしょく):寺の長である僧。

 衣食住(いしょくじゅう):総じて生活全般を表す。

 

【伸】 シン、の-びる、のば-す

意味:のびる、のばす。

用例

 伸縮(しんしゅく):のびたり縮んだりすること。

 欠伸(あくび):疲れたり眠いときに自然と口が開いて行われる

          深呼吸。

 追伸(ついしん):手紙の文を書き終えてから、また書き加える

           場合、その初めに記す言葉。

  

【侘】 わび、ほか、わ-びる

意味:他、わび

用例

 侘助(わびすけ):椿の一種。

 

【体】 テイ、タイ、からだ

意味:からだ

用例

 体系(たいけい):個々のものを系統的にまとめあげた全体の組織

 体裁(ていさい):ありさま。すがた、かたち。見かけ、外見。

 体得(たいとく):体験によって会得し、みにつけること。

 体制(たいせい):組織の仕組み、様式。

 

【但】 ただし

意味:ただ単に

用例

 但し書き(ただしがき):例外や条件などを説明する文。

 但馬(たじま):兵庫県の北部地方。

 

【佇】 チョ、たたず-む

意味:たたずむ、たちどまる

    

【低】 テイ、ひく-い

意味:ひくい

用例

 低劣(ていれつ):程度が低く、劣っているさま。

 低俗(ていぞく):下品で俗っぽいこと。

 低迷(ていめい):低くただよう。悪い状態を抜けられないさま。

 

【佃】 テン、デン、つくだ

意味:つくだ。開拓した田

用例

 佃煮(つくだに):小魚、貝、のりなどを醤油で煮た食べ物。

 

【伯】 ハク、おじ

意味:おさ、かしら。おじ

用例

 伯父(おじ、はくふ):父の兄、父母の兄。

 伯母(おば、はくぼ):父の兄の妻、父母の姉

 伯兄(はくけい):長兄。

 伯仲(はくちゅう):能力や技量などに優劣がないこと。

 画伯(がはく):画家の敬称。

  

【伴】 バン、ともな-う

意味:とも、つれ。ともなう。

用例

 伴奏(ばんそう):楽器で補助的に演奏すること。

 伴侶(はんりょ):一緒に連れ立つ者。

 同伴(どうはん):一緒につれていくこと。

 

【余】 ヨ、あま-る、あま-す

意味:我。あまり、残り。

用例

 余力(よりょく):余った力。余力をふりしぼる

 余波(よは):ある事柄の影響が他におよんだ、そのなごり。

 余暇(よか):仕事を離れ、自分の好きに仕える時間。

 余罪(よざい):ほかの罪。余罪を追及する。

 余談(よだん):本筋を離れた余計な話。雑談。

 余韻(よいん):後に残る響き、味わい。

  

 

以上、【にんべん】の5画の漢字でした。

 

続きは、また以降に。

  

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ     ←参考になりましたら、応援お願いします
にほんブログ村    ランキング参加中です。

 

Tb_2←イメージでわかる中学受験算数

|

« 文章題 第5問 仕事算 (雙葉中学 2004年(平成16年度) 受験算数問題) | トップページ | 立体図形の展開図 第3問 (巣鴨中学 2005年 算数入試問題) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漢字 部首 【にんべん】 人偏 その2:

« 文章題 第5問 仕事算 (雙葉中学 2004年(平成16年度) 受験算数問題) | トップページ | 立体図形の展開図 第3問 (巣鴨中学 2005年 算数入試問題) »