« 平面図形の角度 第4問 (灘中学 算数受験問題 2001年) | トップページ | 平面図形の面積 第12問 (豊島岡女子学園中学 2009年(平成21年度) 算数受験問題) »

2009年6月13日 (土)

漢字 部首【二】

 

問題  漢字で、部首が【二】(に)のものをできるだけ答えなさい。

-----------------------------------------------

-----------------------------------------------

【二】 ニ、ふた-つ

意味:ふたつ、つたつにする、二度。

用例

 二日(ふつか):暦(こよみ)で月の2番目の日。

 二重(ふたえ、にじゅう):ふたつ重なること。

 二人(ふたり):2名の人。

 二十日(はつか):暦で月の20番目の日。

 二十歳(はたち):20歳

 十重二十重(とえはたえ):幾重(いくえ)にも重なること。

 二親(ふたおや):父と母。両親

 二十四節気(にじゅうしせっき):一年を24分割した日。大寒など。

 二人三脚(ににんさんきゃく):二人で分け合って仕事をすること。

 二束三文(にそくさんもん):数が多くても非常に安いこと。

 二枚舌(にまいじた):矛盾したことを言うこと。うそつき。

 二枚目(にまいめ):美男子。

 二期作(にきさく):1年に2回、米を栽培すること。

 二毛作(にもうさく):1年に2度、同じ耕地で違う作物を育てること。

 二番煎じ(にばんせんじ):一度煎じたもので、もう一度煎じること。

              転じて、前の繰り返しで面白みがないこと。

 二の腕(にのうで):腕の、肩(かた)と肘(ひじ)の間の部分。

 二の次(にのつぎ):その次。あとまわしにする。二の次にする。

 二の舞(にのまい):前の人の失敗と同じ失敗をすること。

             二の舞を演ずる。

 二の丸(にのまる):本丸を取り囲む城郭。

 二の足(にのあし):ためらう。二の足を踏む。

 二度手間(にどでま):一度で済むはずのことが、重ねて手を

              加えなくてはならなくなること。

 二言(にごん):二度ものを言うこと。一度言ったことを取り消して

          前と違うことを言うこと。武士に二言はない。

 二階から目薬(にかいからめぐすり):思うようにならないこと。

 

【云】 ウン、い-う

意味:言う

用例

 云々(うんぬん):あれこれ言う。次に続く語句を省略する

           ときに用いる。

 

【五】 ゴ、いつ-つ

意味:5

用例

 五十歩百歩(ごじゅっぽひゃっぽ):少しの違いはあっても

        本質的には変わりないこと。

        50歩逃げても100歩逃げても、大差ないこと。

 五里霧中(ごりむちゅう):五里に渡って霧がたちこめて見えない。

                先行きが見えず、手探り状態のこと。

 五月雨(さみだれ):梅雨(つゆ)の長雨。

 五体(ごたい):全身。五体満足。

 五穀(ごこく):五種類の主要な穀物。

         米、麦、あわ、きび(とうもろこし)、豆

 五人囃子(ごにんばやし):謡、笛、太鼓(たいこ)、大鼓、小鼓を

         1人ひとつずつ五人でする囃子を模したひな人形。

 五臓六腑(ごぞうろっぷ):五臓と六腑。腹の中すべて、心の中。

 五葉松(ごようまつ):葉っぱが5つずつまとまって生える松。

  

【互】 ゴ、たが-い

意味:たがい、たがいに。

用例

 互角(ごかく):優劣がない。五分と五分。

 交互(こうご):かわるがわる、互い違い。          

 相互(そうご):どちらからも働きかけがあること。お互い。

          相互作用。

  

【井】 セイ、ショウ、い

意味:井戸。

用例

 天井(てんじょう):屋根裏を隠し、保温のために

            部屋の上部に張った板。

            物の内部の一番高いところ

 青天井(あおてんじょう):青空。空を天井に見立てて言う。

           物価などが、むやみにどこまでも上がる。

 市井(しせい):人家が集まっている所、ちまた。市井の人。

         (昔は井戸のあるところに人が集まったため)

 

【弐】 ニ、ふた-つ

意味:2

「ニ」の旧字体

 

【亘】 コウ、わた-る

意味:わたる。つづき連なる。

 

【亜】 

意味:二番目の、次の、準ずる

用例

 亜細亜(あじあ):アジアのこと。

 亜米利加(あめりか):アメリカのこと。

 亜爾然丁(あるぜんちん):アルゼンチンのこと。

 東亜(とうあ):東アジアのこと。日本、中国、朝鮮など。

 亜熱帯(あねったい):温帯の中で熱帯に近い地帯。

 亜流(ありゅう):一流を模した、二流の人。

 白亜(はくあ):白色の土、白壁。

 

【些】 

意味:すこし、わずか。

用例

 些細(ささい):わずか。些細な出来事。

 些事(さじ):つまらない事柄。

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ     ←参考になりましたら、応援お願いします
にほんブログ村    ランキング参加中です。

 

Tb_2←イメージでわかる中学受験算数

|

« 平面図形の角度 第4問 (灘中学 算数受験問題 2001年) | トップページ | 平面図形の面積 第12問 (豊島岡女子学園中学 2009年(平成21年度) 算数受験問題) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漢字 部首【二】:

« 平面図形の角度 第4問 (灘中学 算数受験問題 2001年) | トップページ | 平面図形の面積 第12問 (豊島岡女子学園中学 2009年(平成21年度) 算数受験問題) »