« 平面図形の面積 第15問 (筑波大学附属駒場中学 2004年 受験算数問題) | トップページ | 平面図形の面積 第16問 面積比 (聖光学院中学 算数受験問題 改題) »

2009年6月17日 (水)

文章題 第1問 (灘中学 1996年(平成8年度) 受験算数問題)

問題 (灘中学 1996年 受験算数問題) 難易度★★★★

 

不正確な2つの巻き尺A,Bがあって、どちらも等間隔に

1cmきぎみで50mまで目盛りがある。2地点P,Q間の距離を

巻き尺Aで測ると16m64cm、巻き尺Bで測ると16m68cm

であった。そこで、A,Bの全長の差を正しいものさしで測ると

12cmであった。

 

巻き尺A,Bの正しい全長は、それぞれ何m何cmか。

----------------------------------------------

----------------------------------------------

解答

 P,Q間の距離を PQ とすると、

0005_2

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ     ←参考になりましたら、応援お願いします
にほんブログ村    ランキング参加中です。

 

Tb_2←イメージでわかる中学受験算数

|

« 平面図形の面積 第15問 (筑波大学附属駒場中学 2004年 受験算数問題) | トップページ | 平面図形の面積 第16問 面積比 (聖光学院中学 算数受験問題 改題) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文章題 第1問 (灘中学 1996年(平成8年度) 受験算数問題):

« 平面図形の面積 第15問 (筑波大学附属駒場中学 2004年 受験算数問題) | トップページ | 平面図形の面積 第16問 面積比 (聖光学院中学 算数受験問題 改題) »