« 漢字 部首【たてぼう】| | トップページ | 最大公約数と最小公倍数(すだれ算) »

2009年5月25日 (月)

図形の移動 第2問 (灘中学 受験算数問題)

 

問題 (灘中学 受験算数問題) 難易度★

 

対角線の長さが20cmの正方形があります。

この正方形の1つの頂点を中心として45°回転

させたときの正方形が通過した面積を求めなさい。

----------------------------------------------

----------------------------------------------

解答

 文章題なので、図を描いてイメージしましょう。すると・・・

     Photo_3

上の図のようになります。

求める面積は、黄色の扇形の部分と、青い三角形の部分の

合計ですね。青い部分は、2つ合わせると正方形の面積と

等しくなるので、合計の面積は、

   20×20×3.14×45/360 + 20×20÷2

  =157 + 200 = 357c㎡ となります。

 

 

 灘中学の過去問題集は → こちら

 灘中学の他の問題は → こちら

 

|

« 漢字 部首【たてぼう】| | トップページ | 最大公約数と最小公倍数(すだれ算) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 図形の移動 第2問 (灘中学 受験算数問題):

« 漢字 部首【たてぼう】| | トップページ | 最大公約数と最小公倍数(すだれ算) »